fc2ブログ

入会案内

大阪、兵庫、東京で沖縄空手の稽古会を主宰しております。
稽古場所は以下、体験参加希望の方は氏名、年齢、武道暦、ご記載の上ご連絡ください。

大阪本会 - 主にJR新大阪駅、阪急山田駅、阪急服部天神駅近くの公共施設等。稽古日は主に日曜の午前9時半から正午すぎ、火曜の夜間8時から10時です。 連絡は jyoutatsuhou@gmail.com  まで。       


東京稽古会 - 主に川崎地区、JR武蔵小杉駅界隈の公共施設にて週末行います。
1)正規稽古 - 原則的に奇数月の土曜夜間と日曜午前、私が大阪より赴き直接指導
2)自主トレ会 - 不定期に有志による稽古会

問い合わせは jyoutatsuhou@gmail.com まで。


西神・三木稽古会 - 兵庫県神戸市西区、明石市、三木市近郊にて主に平日夜間。 問い合わせは jyoutatsuhou@gmail.com まで。

奈良稽古会 - 主に京都府南都(宇治地区)、奈良(田原本町)で週1-2回の稽古となります。問い合わせは上記 jyoutatsuhou@gmail.com まで

常識があり、礼節・品格を保て、かつ武道、武術に情熱をもたれている社会人を主な対象としています。武道(伝統空手、フルコン空手、中国武術、合気道等をとわず)を修行されている方で以下のようなことで悩まれたことはありませんか?

・いくら練習をしてもパンチ力が向上しない。
・型稽古を行っているが組手にどう生かせばいいのかわからない。
・有名な先生の道場に通っているが人が多すぎて丁寧に教われない。
・実戦派の中国拳法を習っているが組手スタイルがフルコン空手と同じになってしまう。
・現代武道と平行して古武道を習ったところ組手が弱くなった。
・伝統武道を行っているが現代武道のスピードについてゆけるか不安だ。
・打撃系の武道を行っているが自分の攻撃法が単調に思える。
・素人に力いっぱい手首を握られて合気系の技がかけられなかった……    


*一回の稽古時間は2−3時間です。事前に申し出ていただければ途中退出等もかまいません。また最初に稽古参加日を連絡いただいてから自主的に参加となります。稽古日すべてに出席を強制するわけではありません。

*会費
大阪本会  - 月謝制 月5000円(公共施設を利用しますので別途道場使用料が都度500円ほど必要です)
東京稽古会、三木稽古会については問合せください。


*体験参加について
1)大阪本会  - 初回は無料指導による体験参加(1回のみ)、公共施設の会場費(300-600円)のみ負担ください。
2)東京稽古会 - ビジター参加による体験参加となります(1回3000円、複数回受講可)
3)三木稽古会 - 初回は指導料、会場費とも無料



*稽古時間の大半ははサンチンからはじまる沖縄空手の「型」の徹底的なチェック、矯正および約束組手等による検証で費やします。

*いわゆる筋トレやストレッチなどで稽古時間を浪費することはありません。教わらないとできない動き、道場でないとできない稽古を中心としています。

*自由組手は月に2−3回です。勝敗を争うことよりも自由な動きのなかでどれだけ習ったとおりに身体が動くかの検証を重視しています。
また初心者にいきなり自由組手を強制することはありません。年齢、性格等を考慮して参加させる時期を決めていますがまったくの初心者の場合は入会後1年くらい経過してから参加するケースもあります。また高齢の場合は自由組手を控えさせることもあります。

普通の才能の方が当会に入会されたからといって天下の達人にはなりません。しかし真面目に一定期間稽古すればこれまでのスポーツ武道で得られなかった身体の使い方、術理が確かめられることは約束します。ただ、サボって上達したい方や数回の出席で古流の術理をマスターできると信じておられる方には向かないと思います。

入会を強制することはありません。入会後も稽古と無関係なイベント等で多額の費用がかかることもありません。興味を持たれた方は jyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。また、真面目な問い合わせであれば入会以外の質問、交流の申し込み等もお待ちしております。



空手 ブログランキングへ

スポンサーサイト



「使える心道流」について



(上記質問に対する回答です。長文の回答となったのでブログにも掲載します。一部修正、補筆しています)

当会のキャッチコピー「当会のミッション」についてのご質問と思います。まず私は「使える空手」「使えない空手」という表現で空手全般を論じたことはありません、この天認識ください。空手全般への批評を行う意図も資格もありません。

私が稽古した心道流について「使える心道流空手」という表現をしています。

私が20年師事した心道流空手の先生は型も組手も見事なものでした。自由組手でも前に立つと「これはかなわないな」と感じさせるものがありました。先生の高名と技術を知って多くの会員が入会しました。
ただ、残念なことに先生の指導を受けたもので他流派相手の自由組手で古伝空手の技術を使えたものは寡聞にして存じません。強い後輩はいましたが心道流の技で強くなったというよりそれぞれが以前行っていた格闘技(キックボクシングなど)のおかげで入門当初から強かったというのが実情でした。

10年近く真面目に稽古を行い、黒帯をしめながら普通のフルコン茶帯レベル相手に「何をやっていいのかまったくわからない」という状態のままで本当に自身の流派に誇りが持てるでしょうか。
私は会員たちにそのような思いをさせたくないので「使える心道流空手」を目指しています。心道流の型で示された技術は普通に組手などでも使えると信じています。

念のために申しますが心道流の技を組手で使える先生方はもちろんおられるでしょう。しかし黒帯になっても型と約束組手しか経験がなく、自由組手になると通常の全空連やフルコン空手と変わりない動きになる方のほうが圧倒的に多いように思われます。

心道流型「セイサン」ー 上げ打ちの稽古

型セイサンの最後近くに四股立ちから相手のアゴを打ち上げるようの動作がある(ボクシングのアッパーに近い動き)。

実戦では相手が長身な場合、ボディへの突きでもかまわないが力任せに振り回す打ち方だと動作が大きくなり、相手に読まれやすい。ほとんど相手に接近した状態から短く、鋭い打ち方を稽古しなければならない。

アゴを打てば効く・・・というような単純なものではない。首を鍛えた人はアゴといえどもかなりの強打に耐える。アゴを目標とするのではなく頸椎に衝撃がくるような術理を稽古することが必要。

2022年 6月4-5日 東京稽古会のお知らせ

2022年6月 東京稽古会のお知らせ

6月4日(土)、午後6時半ー9時
6月5日(日)、午前9時半ー正午

神奈川県川崎市内(東急、JR武蔵小杉駅近辺)にて稽古会を行います。
体験参加を希望される方は jyoutatsuhou@gmail.com  へのEメール、もしくはツイッターDMにて連絡をお願いします。

費用 - 3000円(体験参加の場合)
場所 - 川崎市内(JR武蔵小杉駅近辺)を予定。
服装等 - 運動できる服装であれば特に指定なし。

前回の様子は以下チャンネルでご覧ください。


YOUTUBE チャンネル開設しました。

遅ればせながら当会もYOUTUBEチャンネル開設しました。よろしければチャンネル登録ください。

https://www.youtube.com/channel/UCAk9jVWERDX-gKZhiBf4VoA

PS
このところブログは亀更新ですが活動は変わらず続けています。「使える心道流空手」をミッションに活動を続けています。
体験参加の問合せ等は気軽にお願いします。

2021年稽古納め



26日の稽古で当会は本年稽古納め。コロナ禍で昨年同様前半稽古の中断が続いたが1年過ぎれば会員達の成長が大きかった1年だった。

古参会員は外部との組手交流、白帯会員は基本の徹底による術理理解でそれぞれ当会ならではの技術伸長が見られた。私個人もSNSでしたコンタクトのなかった他流の先生方、強豪の方々と実際に知り合い、手合わせいただき研鑽が進んだ1年だった。

現実に他流強豪と手を合わせると当会の目指すロマン ー 古流の術理で現代格闘技の猛者を制する ー が簡単でないことが理解できる。時として自信を無くすことがあるかも知れない。しかし現実に目を向けなければ次の段階へのレベルアップは難しい。

術理を約束稽古だけで示してもそれなりに興味を引き出すことはできるだろう。しかし達人パフォーマンスよりも現実のファイトのほうが好みでもあるし、似合っている。来年も「使える心道流空手」を当会のミッションとして稽古に励みたい。

2021年11月 東京稽古会



11月は久しぶりの東京稽古会。コロナ禍の鎮静化と以前のペースで稽古が再開できることを祈るのみである。

さて、27日の稽古には体験参加者が2名。いずれも極真系統の空手経験者。サンチン立ちやまわし受けの動作を知っているので体験稽古とはいえ指導もしやすい。極真でも疑問を持つ人が少なくない裏拳や手刀、内受けといった基本動作も少し力の使い方を変えるだけで有効な稽古にすることを解説したところ目から鱗のようだった。

体験参加者の1名より正式入会の申し込み、なんでも宇城憲治先生の著書等で心道流に興味と持っていたとのこと。心道流系統の道場ならほかにも少なからずあるがなぜ当会を選んだのか聞いたところ
「極真と並行して中国武術を習っており、柔らかく、かつ力強い技術に興味がありました。動画をいくつか拝見したのですが武道上達法研究会の型がいちばん自分の求めているものに近かったのです」とのこと。稽古内容を吟味して当会を選んでもらえるのは嬉しさも増す。正式入会後の稽古が今から楽しみである。

体験参加の決め手になった動画は以下 ー



2021年11月27-28日 東京稽古会のお知らせ

2021年11月 東京稽古会のお知らせ
11月27日(土)、午後6時半ー9時
11月28日(日)、午前9時半ー正午

神奈川県川崎市内(東急、JR武蔵小杉駅近辺)にて稽古会を行います。
体験参加を希望される方は jyoutatsu@gmail.com  へのEメール、もしくはツイッターDMにて連絡をお願いします。

費用 - 3000円(体験参加の場合)
場所 - 川崎市内(JR武蔵小杉駅近辺)を予定。
服装等 - 運動できる服装であれば特に指定なし。

体験されたからといって入会の強制等はありません。最初は一度どのようなものか見てみようという程度の興味でも結構です。空手の型や稽古法についての疑問についても質問に答えてゆく方針です。

分裂、独立とインディー道場



多くの同世代の空手愛好家同様、空手をはじめようと思ったきっかけはマンガ「空手バカ一代」だった。当時は極真空手のブランド力は突出しており、大阪の難波道場(極真芦原道場大阪分支部)は稽古スペースが足らず廊下や駐車場までを道場代わりにしていた思い出話を大学フルコン空手クラブの先輩たちから聞かされたものだった。

心道流空手もそれには及ばないが一時はそれなりのブランド力があった。武道雑誌でプロ格闘家やフルコン空手チャンピオンなどを指導する姿がたびたび紹介され、各雑誌編集部に「どうしても習いたい」との問い合わせが絶えなかったと聞く(当時は連絡先を公開していなかった)。

栄枯盛衰、諸行無常。大山倍達先生の死後極真は分裂し、さらにそこから無数と言っていい分派が生じ、道場によっては稽古生のほとんどが子供といった道場もあるとか。心道流空手も流祖座波仁吉先生の死後多くの分派が生じ、それぞれ独自の理念や稽古法で活動している。同様の事象は多くの中国拳法や空手流派で起こっており、秘伝系流派もインフレ状態。ブランド力を維持するためには ①希少性を維持する ②ブランドイメージを高めるための質の向上 が必要だが言うは易く、行うに難しいことなのかも知れない。

現在は流派・道場が異なっても交流稽古会やオープントーナメントで自流以外の稽古生と接触できる機会も少なくなく、他流、他道場の実像を知る機会も増えている。元来沖縄では流派も段位もない。生徒は口コミで自分にあった先生を探し、少人数の指導を受けていた。インディーの道場、流派が増えた現在は空手原点の姿に近づいているのかも知れない。

時代はいい方向に動いていると思う。

2021年9月 武友来来



9月23日の稽古には関西スパーリング交流会で知り合った田中エーヤンダーやんぶーさんが出稽古で参加。エーヤンダーさんは第1回Breaking Downで見事なKO勝ち、連続出場となる第2回大会に向けての調整中。交流会で当会の組手スタイルに興味を持ち、一度体験したいとのことだったのでゲスト参加の運びとなった。




三日後に試合という状況でインスタントにテクニックを仕込んでも意味がない。下がらない組手スタイルと体幹の鍛錬を当会黒帯会員と交流してもらった。さすがにセンスがいいのか最初はブレていたパンチもわずかな指導で相手の「芯」をとらえるようになる。一日の稽古で体得できるとは思えないが効いた時の感覚、そうでないときの感覚は残るはず。26日の第2回大会はいささか残念な結果ではあったが再起に期待!




27日には昨年、東京での手合わせ稽古会で知り合った合気道家のハンドルネーム「ベッティ」師範がやはりで稽古参加。ベッテイさんとは酒席で軽く手を合わせていただいただけだが合気の尋常でない力量を体感し、私のほうから来阪の折には交流したい旨お願いしていた。

合気道は高度な武道だが正直動画などを拝見して疑問に感じる部分も少なくない。なぜいったんしっかり極めた関節を緩めて別の技をかけるのか、なぜ相手が死に体になっていない状態でいきなり背中を向けるのか、なぜいったん崩れた相手の体勢を立て直して反対方向に技をかけるのか・・・・
今回の交流ではこれらの疑問に見事に応えていただいた。理論倒れではない、実際に手を合わせての「合気」も素晴らしい(私には中国武術の「化勁」のようにも感じるのだが)。1分にも満たない静かな「組手」も行った(スパーリングではなく「組手」と表現がふさわしい)。流血も息切れもない。しかし非常に得るものの多い組手だった。

ベッティさんは塩田剛三先生の高弟であった井上強一先生の高弟。井上先生は宇城憲治先生と交流があり、お互い認め合っていたと聞く。奇縁を感じざるを得ない。
プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
心道流空手歴20年、退会ののち「使える心道流の型」をミッションとして大阪市内、三木市内で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
32位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア