FC2ブログ

入会案内

大阪、兵庫、東京で沖縄空手の稽古会を主宰しております。
稽古場所は以下、体験参加希望の方は氏名、年齢、武道暦、ご記載の上ご連絡ください。

大阪本会 - 主にJR新大阪駅、阪急山田駅、阪急服部天神駅近くの公共施設等。稽古日は主に日曜の午前9時半から正午すぎ、火曜の夜間8時から10時です。 連絡は jyoutatsuhou@gmail.com  まで。       


東京稽古会 - 主に川崎地区、JR武蔵小杉駅界隈の公共施設にて週末行います。
1)正規稽古 - 原則的に奇数月の土曜夜間と日曜午前、私が大阪より赴き直接指導
2)自主トレ会 - 不定期に有志による稽古会

問い合わせは jyoutatsuhou@gmail.com まで。


西神・三木稽古会 - 兵庫県神戸市西区、明石市、三木市近郊にて主に平日夜間。 問い合わせは jyoutatsuhou@gmail.com まで。

奈良稽古会 - 主に京都府南都(宇治地区)、奈良(田原本町)で週1-2回の稽古となります。問い合わせは上記 jyoutatsuhou@gmail.com まで

常識があり、礼節・品格を保て、かつ武道、武術に情熱をもたれている社会人を主な対象としています。武道(伝統空手、フルコン空手、中国武術、合気道等をとわず)を修行されている方で以下のようなことで悩まれたことはありませんか?

・いくら練習をしてもパンチ力が向上しない。
・型稽古を行っているが組手にどう生かせばいいのかわからない。
・有名な先生の道場に通っているが人が多すぎて丁寧に教われない。
・実戦派の中国拳法を習っているが組手スタイルがフルコン空手と同じになってしまう。
・現代武道と平行して古武道を習ったところ組手が弱くなった。
・伝統武道を行っているが現代武道のスピードについてゆけるか不安だ。
・打撃系の武道を行っているが自分の攻撃法が単調に思える。
・素人に力いっぱい手首を握られて合気系の技がかけられなかった……    


*一回の稽古時間は2−3時間です。事前に申し出ていただければ途中退出等もかまいません。また最初に稽古参加日を連絡いただいてから自主的に参加となります。稽古日すべてに出席を強制するわけではありません。会費はチケット制、10回分が15000円です(大阪本会)。

*体験参加について
1)大阪本会  - 初回は無料指導による体験参加(1回のみ)、公共施設の会場費(300-600円)のみ負担ください。
2)東京稽古会 - ビジター参加による体験参加となります(1回3000円、複数回受講可)
3)三木稽古会 - 初回は指導料、会場費とも無料



*稽古時間の大半ははサンチンからはじまる沖縄空手の「型」の徹底的なチェック、矯正および約束組手等による検証で費やします。

*いわゆる筋トレやストレッチなどで稽古時間を浪費することはありません。教わらないとできない動き、道場でないとできない稽古を中心としています。

*自由組手は月に2−3回です。勝敗を争うことよりも自由な動きのなかでどれだけ習ったとおりに身体が動くかの検証を重視しています。
また初心者にいきなり自由組手を強制することはありません。年齢、性格等を考慮して参加させる時期を決めていますがまったくの初心者の場合は入会後1年くらい経過してから参加するケースもあります。また高齢の場合は自由組手を控えさせることもあります。

普通の才能の方が当会に入会されたからといって天下の達人にはなりません。しかし真面目に一定期間稽古すればこれまでのスポーツ武道で得られなかった身体の使い方、術理が確かめられることは約束します。ただ、サボって上達したい方や数回の出席で古流の術理をマスターできると信じておられる方には向かないと思います。

入会を強制することはありません。入会後も稽古と無関係なイベント等で多額の費用がかかることもありません。興味を持たれた方は jyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。また、真面目な問い合わせであれば入会以外の質問、交流の申し込み等もお待ちしております。



空手 ブログランキングへ

スポンサーサイト



2021年4月 東京稽古会のお知らせ

4月24日(土)、午後6時半ー9時
4月25日(日)、午前9時半ー正午

神奈川県川崎市内にて稽古会を行います。
体験参加を希望される方は jyoutatsu@gmail.com まで連絡をお願いします。

費用 - 3000円(体験参加の場合)
場所 - 川崎市内(JR武蔵小杉駅近辺)を予定。
服装等 - 運動できる服装であればかまいません。

* 新型コロナウイルスの感染状況如何によっては予定変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

サンチン ー 力を抜く稽古と楽な稽古とは別物



プロ格闘家菊野克紀さんに Clubhouse 「怪しい武術の話をしよう」にお誘いいただき、技術論を述べさせていただいた。この日のテーマは「武術の鍛錬」。中国武術など各流派の鍛錬につき各論を述べ合うものだった。

「サンチンでの鍛錬はどのように行うんですか?」との問いを受けた。「あまり私の先生は鍛錬型、という用語は用いられず、「とにかく力を抜け!」という指導をされました。最初はその意味もよくわかりませんでしたがある程度わかってくると力を抜いてサンチンをすることがキツイものであることがわかってきました」と答えた。
Clubhouseは音声だけなので説明が難しい。
以下補足的に -

まず「全身の力を抜け!」という指導が矛盾している。本当に全身の力を抜くなら全身麻酔をすればいいはずだが全身麻酔の状態で型はできない。つまり型を演ずるための最低限の力は入っている。通常しっかり立つためには大殿筋、大腿金などを使用する。力を抜け、ということでこれらの筋力を極限までゆるめればこれら以外の小さい筋肉と体幹のバランスで立つしかない。つまり大きい筋肉の力は抜いているが小さい筋肉には非常に負担がかかっている。解剖学的にどのような状態なのかは説明できないが本来小さい部分をコントロールするはずの小さい筋肉で全身という大きな部位をコントロールする。当然キツイ運動となる。腕立て伏せより指立て伏せのほうが負荷が大きいのと同様の理屈。

いわゆる「脱力」にもいろいろな解釈はあると思う。

当会は脱力万能ではない、むしろ鍛錬のための脱力と言える。









使える心道流空手をめざして - 武道上達法研究会のミッション



先日、あるビジネス系のセミナーで「あなたの会社、組織のミッションは何か、あなたの会社でないとできないことは何か、考えてみて」と指導を受けた。武道上達法研究会にしかできないことはなんだろう。

当会の源流は心道流空手。自画自賛となるが型、そして型の術理については非常に優れた流派と思う。数見肇師範(空手道数見道場)や麻山慎吾師範(真義館)など実戦派の流派も型は心道流のものを採用している。生涯追求する価値のある武道であると思う。

ただ、多くの心道流系統の道場には「心道流の型稽古だけでは空手として使えない」という問題もみられるように思われる。もちろん強さを持った稽古生もいるがその多くは以前の流派や全空連系の競技空手で鍛えられた強さではないかと思う。純粋に心道流の型や約束稽古だけで強さを感じている生徒がどれほどいるだろうか - 何より私自身が心道流時代の20年で感じていた。

幸い私自身はI先生より基礎鍛錬や組手の重要性を指導されたおかげで完ぺきではないにせよ型が使えることが理解できた。同時に心道流空手のすばらしさもあらためて認識できた。逆に言えば心道流だけでは心道流のすばらしさが認識できなかったということだ。

僭越ながら「使える心道流空手」を目指してゆくことが当会のミッションではないかと思っている。





始動!2021年ー自由組手の指導



昨年入会の会員(格闘技歴は剣道だけ)も徐々に自由組手に参加させている。当会では組手のための特別なテクニックを最初から別途教授することはない。まず自分の考える攻撃法で組手をさせ(先輩は受けにまわる)、気づいたところを矯正し、型で組手ができるようにする。最初からパターンを教え込むと一定のリズムでの攻撃となり経験者には簡単に防御される攻撃を覚えてしまう可能性がある。

一般の人が攻防のパターンとして思い浮かべるのは競技空手やボクシング、ムエタイなどのパンチや蹴りの攻防だろう。もちろんスピーディで威力は大きいのだが例えばムエタイ式の攻防を稽古するのであればならムエタイが断然優れている。

初心者に毛が生えたレベルで「型から自然に出てくる技」など期待するほうが無理がある。しかし、戦い方を観察し指導することで型の習得具合(本当に習得できていれば自由組手に反映される)を指導することができるのだ。

追記 - 新年早々の緊急事態宣言発出で今月の東京稽古会は中止、大阪での平日夜間の稽古も中止となりました。道場での合同稽古は中止しても空手は場所を選ばず稽古可能。昨年の中断時も思ったより皆のレベルが低下していなかったので少しづつ指導が実りつつあるのかと思っています。

空手道場である以上、ある程度の「強さ」は求める - 白帯会員のレベルアップ



最強の道場を志した往年の大山道場や大気拳では選りすぐりの強豪たちが怪我など当然といった激しい組手を稽古毎に行っていたという。強くなるのも道理だが激しい組手の結果、怪我や精神的についていけずふるい落とされた稽古生も少なくないと聞く。

当会はあくまで通常の社会人を対象にしてにある程度の自信をつけるレベルの会でしかないので上記のような激しい組手とは無縁だがそれでも空手の道場である以上ある程度の緊張感は必要と考える。

「道場組手など所詮スポーツ、本当の実戦とは違う。だからウチでは組手を行わない」という意見もあるだろう。まさにその通りだが、その考えに従えば「本当の実戦」をどこかで経験させる必要があると思われる。果たしてどのように行っているのか興味があるところである。

さて、当会の事情だが正直に言えば「強さ」の面で上達がこちらの期待ほどではない会員もいることも事実。基礎体力で劣ったり、優しすぎる性格も妨げになっているだろうが指導者側(私)も安全を重視するあまり厳しさに欠けていたと思われる。

今年ももう年の瀬。来年は入会後数年たっていてまだ白帯の会員の組手の強度を上げ、レベルアップを図ってみるか。

2020年11月 東京稽古会 ‐ 一触の重要性



11月21日夜と22日午前、東京稽古会指導のため上京。東京稽古会のメンバーは従来に加え新入会員、大阪本会から参加のS君、そして私の出自道場(先生は独立されているので厳密にはその後継道場)からの体験参加者とかなりバラエティに富んだメンバーでの稽古となった。

体験参加の方は私が所属していた流派の稽古生。サンチン、ナイハンチの順序がわかるので体験参加とはいえ稽古の進展がスムーズ。先生の実力には疑問を持たないが道場の稽古内容に疑問を持っている様子だった。それ以前はフルコン空手をかなり熱心に稽古しておりパワー十分。入会してもらえれば他の会員達にもいい刺激になると思うので期待大。

以前の流派の近況では残念な話も聞いた。体験参加後の会話 -

「先生(私のこと)の技は強力でした」
「ヨイショはええから(笑)、私の技なんか先生(私の先生)に比べたら比較にならん程度の威力やろ?」
「いえ、道場では講話や気の稽古が中心で先生に手をとっていただいてことは数えるほどしかないのです・・・・」

昔から先生は言葉による指導は苦手だった。しかし、手を合わせれば「なんか普通の格闘技とは違うな」と思わざるをえなかったし、その頻度が上がれば才能のある生徒ならある程度先生の技をコピーもできただろう。

一触がなければYOUTUBEで見るのと変わらない。優れた先生に師事することが必ずしも自身の進歩と関係がないことを再確認させられた。

11月東京稽古会のお知らせ

11月21日(土)、午後6時半ー9時
11月22日(日)、午前9時半ー正午

神奈川県川崎市内にて稽古会を行います。私が上京しての稽古会は今年最後の予定です。

体験参加を希望される方は jyoutatsu@gmail.com まで連絡をお願いします。

費用 - 3000円(体験参加の場合)
場所 - 川崎市内(JR武蔵小杉駅近辺)を予定。
服装等 - 運動できる服装であればかまいません。

2020年10月東京稽古会 - 基本について



10月10日夜と11日午前は東京稽古会指導のため上京。コロナ禍のため今年3月の稽古会が中止になってからなので9か月ぶりの開催。
幸い皆個人での稽古のほかコロナ禍一段落ののちはたまに集合して合同稽古もしていたようだ。昨年入会のK君の進歩が著しい。まだ空手の体にはなっていないがだいぶサンチンでハラが締まるようになっており、今後は稽古の強度、難度も上げてみようと思う。
自分に克つことが武の目標だろうがそこに至るまではやはり周囲の環境という要素が大きい。誰もが自分で自分を追い込めるわけでない。定期的な稽古を設けることによりモチベーションを維持、向上させることが重要だろう。
今回の稽古には40台代のフルコン空手稽古生2名の体験参加者あり。中高年とされる年代になっての稽古を模索されているようだった。極真を長く続ける方たちは真面目に空手に取り組む方が多く、こちらも気分よく指導できる。
お土産代わりに伝統的な極真式の基本(サンチン立ちからの裏拳、手刀、回し受けなど)もわずかに力や意識を変えるだけで威力が変わることを説明、指導した。
基本が大事、なんて当たり前だ!と思われるかも知れない。しかし、少なからぬ稽古生が応用がわからず、また護身術として解釈するには威力や立ち方がとも不自然に感じているのが実情ではないかと思う(流派問わず)。
道場によっては1時間近くを基本に費やすところもある。基本稽古を有意義にするか否かで上達の速度も変わってくる。


    

約束組手が上手くとも自由組手が強いとは限らないが、自由組手が上手くなれば約束組手も上手くなる。



久しぶりに心道流式の約束組手を行いたくなった。当会は型と鍛錬、自由組手への技法を重視しており約束組手にはそれほど長じているわけではないが指導助手のK君が近日自由組手にもかなり型を応用できるようになってきたので行わせたところ以前より自然に身体が相手に張り付く感覚が出てきている - しばらくこの約束組手は行っていないにもかかわらず・・・・。

約束組手は力量の検証として役に立つ。しかし、約束組手「だけ」が上手くなっても審査や演武会でしか使えない。残念ながら約束組手はまずまずだが自由組手になるとまったく使えない人たちも少なくない。

パワーやスピード、勝負度胸などで自由組手が短期に強くなる人はいる。しかし、当会は普通の才能の社会人を対象としているのでまず型を「上手く」なることによって自由組手の「上手さ」を向上させ、ついて「強さ」を目指してほしいと思っている。型と自由組手が上手く(できれば強く)なることで結果的に約束組手「も」上手くなればいいと考えている。
プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪市内、三木市内で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
524位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
32位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア