FC2ブログ

2月10日 関東セミナー報告

東京稽古会を再興することとなった。きっかけは東京に転勤し、当会の源流とも言える心道流空手の道場に通っていたO君がその道場に通えなくなったことである。念のため書くがO君にはまったく非はない。いささか私憤もあるのでこれについては後日詳しく記事にする予定だ。

閑話休題、そのような背景からの関東在住の会員たちよりの指導依頼。といっても関西から向かうので交通費だけでも馬鹿にならない。いささかでも会員の負担を軽減すべくセミナー方式を提案した。
幸いツイッターのフォロワーの皆さん等に告知等協力いただいたこともあり、一般参加者のバラエティもあり充実したセミナーとなった。参加された方々には有益なものを提供したい。YOUTUBEで習得できるような型の順序だけではあまり意味はないだろう。

そのような趣旨もあり、各人の身体の特徴を指摘し、それぞれの道場稽古、自主トレに役立てるような指導を行った。

Xさん(中国拳法、空手)
中国武術を稽古されているだけあって腕の脱力ができているのはよいのだが体幹まで力がぬけ、「腑抜けの脱力」に近い状態となっていた。型のみの古武道流派に多い欠点だ。また約束組手は反応は速いが腕を叩きつけるような動きになりせっかくの脱力が活かせていない。強引な「叩き」でなくとも打撃に力が出ること、腑抜けの力抜けは相手の打撃をもらったときに危ないことを指摘。

Yさん(合気道)
柔法系の技術を確認。外し技を見てみるとチカラこぶが盛り上がるような腕の使い方をしており、合気系の特徴である相手の力を吸収するような動きが難しいように感じた。また体幹ができていないのは同様だったため腕力でなく体幹を生かすことにより腕力に頼らずとも相手の力を外せることを確認。代表的な合気道の技法として「正面うち入り身投げ」を確認したところ相手が崩れていないところに無理やり背後に回り込むような動きとなっていた。最初の「打ち→受け」の段階で相手に崩しをかけることの重要性を指摘。崩しの技法を指導したところ驚くほどスムースに技がかかるようになった。

セミナー後の感想として「指導が具体的で以前参加した高名な道場のセミナーより参考になりました」との感想をいただく。有益なものとなってこちらも嬉しい気持ちになる。希望があれば定期的にセミナーを行うのもアリかな、と思っている。




メール、コメント欄にて本ブログへのご意見お待ちしています。また、ブログ村にも参加していますのでバナーをポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

返金制度あり! 関東セミナー開催のお知らせ (2月10日)

関東地区在住会員の協力により、武道上達法研究会ではこのたび第一回関東沖縄空手セミナーを開催することとなりました。
当会初の本格的な外部向けセミナーははじめてとなります。概要は以下ご覧ください。沖縄空手の魅力を多くの方に知っていただくためのセミナーにしたく思います。

対象
・ 沖縄空手に興味のある方(経験者、初心者問わず)。
・ 空手の型・約束組手等に疑問を持たれている方。
・ 単なる筋トレでない補助運動、体力アップの方法を模索されている方。

等々。不明点は気軽に問合せください。

場所 川崎市
川崎市国際交流センター  (東急 元住吉駅徒歩15分)
https://www.kian.or.jp/accessmap.shtml

日時 2019年2月10日(日) 午後6時から9時

受講費 4000円 (返金制度あり)

内容 武術の体を創る補助運動
    → 脱力した体をいかにコントロールするか?
      武道のハラを創るための補助運動
    空手型の応用方法
    → 型に隠された動作の解析
    型「サンチン」 教授
   (参加された方の武道歴、リクエスト等により内容が変化することがあります)

*空手歴は問いません。他武道を稽古されている方、またこれから武道をはじめようと考えてられている方も歓迎します。
*服装は運動できる服装ならなんでもかまいません。
*開始後小一時間経過した時点で小休止をとります。内容に不満足な方はその時点で退出いただければ受講費は返金いたします。

参加を希望される方は
1)氏名
2)年齢
3)武道歴
記載の上

jyoutatsuhou@gmail.com   までメールお願いします。

もしくはツイッターをされている方なら
https://twitter.com/jyoutatsu
をフォローの上、ツイッターメールでDMいただいてもかまいません。

大阪イベントの一コマ大阪イベントの一コマ



メール、コメント欄にて本ブログへのご意見お待ちしています。また、ブログ村にも参加していますのでバナーをポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村







2月10日 型で稽古する沖縄空手セミナー Q&A

2月10日、初の関東地区セミナーについての細部につきQ&A風にまとめました。

Q. 場所はどこですか?
A.. 川崎市国際交流センター内会議室にて午後6時より行います。申し込みいただいた方には詳細な折り返し待ち合わせ場所連絡いたします。

Q. 服装は?
A.. 運動できるものならなんでもかまいません。上衣の表面に金具が出ているものは避けてください。

Q. 講義の趣旨、特徴はなんでしょうか?
A.. 武的に正しい姿勢、動作を教わった経験のある方は実は少ないのではないでしょうか。「基本が大事だ」「無駄な力を抜け」といった漠然とした指導ではなく、個々に今後の稽古に役立つ身体の使い方を指導するセミナーです。

Q. 講義の趣旨、特徴はなんでしょうか?
A.. 武的に正しい姿勢、動作を教わった経験のある方は実は少ないのではないでしょうか。「基本が大事だ」「無駄な力を抜け」といった漠然とした指導ではなく、個々に今後の稽古に役立つ身体の使い方を指導する予定です。

Q.  他流派の稽古生でも参考になりますか?
A..  現在稽古されている基本、型がどの程度身についているか確認します。流派は違えど武道の基本、原則に大きな違いはありません。長年稽古したにもかかわらず威力が実感できない場合、武道の原則に照らして自身の基本を確認するのも伊地方ではないでしょうか。

Q. セミナーで殴られたり、蹴られたりしますか?
A.. フルコン空手のようにただ耐えるために体を殴ったりする稽古は行いません。参加された方の体力を見て耐えられそうな体(武道経験者の若い男性など)の場合、突きの質の違いを体験させるために軽くあてる程度のことはするかもしれません。

Q.  打撃系ではない他武道の稽古者でも参考になりますか?
A.. 沖縄空手は打撃系格闘技ではなく投げ、関節技等も体系に含んでいます。柔道のように投げる動作の反復練習で習得するのでなく、型からくる投げ技は柔道、合気道、少林寺拳法などにも参考になるのではないかと思います。

Q.  武道やスポーツの経験がありません。参加してもかまいませんか?
A.. 空手の力は筋トレで無理やり作りだす力よりは人間の自然な動作の延長から出る力です。自然な動きをすれば初心者でも意外な力が出ることを実感いただけると思います。


その他質問があれば jyoutatsuhou@gmail.com まで気軽におたずねください。


メール、コメント欄にて本ブログへのご意見お待ちしています。また、ブログ村にも参加していますのでバナーをポチっとクリックお願いします。

 にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

2019年1月15日の稽古ーセイサンの掛け受け




型セイサンの掛け受けの手が生きているかの検証。
検証しているのはセイサンの左右掛け受けの部分。




((訂正)縮こまってはいけないが手が下がりすぎるのは注意すること。 →  縮こまってはいけない。手が下がりすぎるのは注意すること。)

相手の突きを打ち払うのは非常に困難。まずは相手の手に触る、その際に腕力でなく自然に力が抜け、かつ手のセンサーが聞いていれば状況にあった変化が可能になる。

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

入会案内

大阪、兵庫、東京で沖縄空手の稽古会を主宰しております。
稽古場所は以下、体験参加希望の方は氏名、年齢、武道暦、ご記載の上ご連絡ください。

大阪本会 - 主にJR新大阪駅、阪急山田駅、阪急服部天神駅近くの公共施設等。稽古日は主に日曜の午前9時半から正午すぎ、火曜の夜間8時から10時です。 連絡は jyoutatsuhou@gmail.com  まで。       

奈良稽古会 - 主に京都府南都(宇治地区)、奈良(田原本町)で週1-2回の稽古となります。問い合わせは上記 jyoutatsuhou@gmail.com もしくは稽古会リーダーのSS君ブログにて。
 (ブログ  http://ameblo.jp/manjigeri )

東京稽古会 - 主に川崎地区、JR武蔵小杉駅界隈の公共施設。 問い合わせは jyoutatsuhou@gmail.com まで。
 (詳しくはこちら)。

西神・三木稽古会 - 兵庫県神戸市西区、明石市、三木市近郊にて主に平日夜間。 問い合わせは jyoutatsuhou@gmail.com まで。

常識があり、礼節・品格を保て、かつ武道、武術に情熱をもたれている社会人を主な対象としています。武道(伝統空手、フルコン空手、中国武術、合気道等をとわず)を修行されている方で以下のようなことで悩まれたことはありませんか?

・いくら練習をしてもパンチ力が向上しない。
・型稽古を行っているが組手にどう生かせばいいのかわからない。
・有名な先生の道場に通っているが人が多すぎて丁寧に教われない。
・実戦派の中国拳法を習っているが組手スタイルがフルコン空手と同じになってしまう。
・現代武道と平行して古武道を習ったところ組手が弱くなった。
・伝統武道を行っているが現代武道のスピードについてゆけるか不安だ。
・打撃系の武道を行っているが自分の攻撃法が単調に思える。
・素人に力いっぱい手首を握られて合気系の技がかけられなかった……    


初回は無料体験参加で実際の稽古を通じ、お互い適性を理解し、納得いただいたた上で入会するシステムとなっています。

*一回の稽古時間は2−3時間です。事前に申し出ていただければ途中退出等もかまいません。また最初に稽古参加日を連絡いただいてから自主的に参加となります。稽古日すべてに出席を強制するわけではありません。会費はチケット制、10回分が15000円です(大阪本会の場合、支会については問い合わせください)。

*入会前に一度は無料で体験参加いただき、内容に納得いただいてからの入会となります。


*稽古時間の大半ははサンチンからはじまる沖縄空手の「型」の徹底的なチェック、矯正および約束組手等による検証で費やします。

*いわゆる筋トレやストレッチなどで稽古時間を浪費することはありません。教わらないとできない動き、道場でないとできない稽古を中心としています。

*自由組手は月に2−3回です。勝敗を争うことよりも自由な動きのなかでどれだけ習ったとおりに身体が動くかの検証を重視しています。
また初心者にいきなり自由組手を強制することはありません。年齢、性格等を考慮して参加させる時期を決めていますがまったくの初心者の場合は入会後1年くらい経過してから参加するケースもあります。また高齢の場合は自由組手を控えさせることもあります。

普通の才能の方が当会に入会されたからといって天下の達人にはなりません。しかし真面目に一定期間稽古すればこれまでのスポーツ武道で得られなかった身体の使い方、術理が確かめられることは約束します。ただ、サボって上達したい方や数回の出席で古流の術理をマスターできると信じておられる方には向かないと思います。

入会を強制することはありません。入会後も稽古と無関係なイベント等で多額の費用がかかることもありません。興味を持たれた方は jyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。また、真面目な問い合わせであれば入会以外の質問、交流の申し込み等もお待ちしております。



空手 ブログランキングへ

外部との交流

一部会員たちにはかなり技量の向上が見られたので機会あれば積極的に外部との交流を推奨している。

同じ指導者に教わり、同じ道場生どうしで稽古を続けるとある程度のマンネリ化は避けられない。ゲーム的な要素の強い稽古事だと勝敗・点数化などで興味を維持できるだろうが型や約束稽古が中心だと自身の向上が他流、他道場、他の格闘技等と比べてどの程度なのかわかりづらい。なんらかのかたちで確認したくなるのが自然な感情だろう。

一部には外部との交流を厳しく制限し、稽古性には外部のセミナー等を受講しただけで退会推奨する道場もある。もちろん初心のうちから多くの技法をかじって喜ぶのは単なるマニアだるが有段者ともなれば他を研究する姿勢がむしろ不可欠。それすら否定すれば時代が下がるほどその道場のレベルが低下するのではないかと思う。

会としても今年は初の一般対象の体験会、他道場との交流、ゲストを招聘しての稽古、心道流空手後輩との意見交換など、いわば開国元年ともいう年だった。来年も有意の方たちとは積極的に交流を持ちたく思っている。

体験会(ミニセミナー)のお知らせ

急な連絡となりますが武道上達法研究会ではこの17日(土)神戸市須磨区のあこう堂さん(JR須磨駅徒歩3分ほど)にて無料体験会&ミニセミナーを行うこととなりました。 *当会の稽古に興味はあるけれど体験参加は気が重い方 *西神・明石・三木方面で空手・古武術の道場を探されている方 *日頃と変わった稽古をしてみたい方 などなど、参加歓迎します。 今回は直前(午前9時から正午まで)に自由参加方式のスパーリング稽古会を行われる神武会幹事の蛇丸さんのご協力をいただいています。もちろんスパーリング会と当会ミニセミナーの両方参加いただいてまったくかまいません、というより歓迎です。 あこう堂さんへのアクセス → http://accordsuma.grupo.jp/free1158783

双手突きの実用性




首里手で重視される型、ナイハンチの動作の中に双手突きがある。パッサイの最後近くにある受けと突きを同時に出す技も双手突きの変形だ。

両手を同時に出して相手を突く技はボクシングにはないし、多くの空手流派でも型の中だけの技になっている。私もナイハンチをかなり稽古した後でも実用性には疑問を持っていた。

まだ沖縄空手の道場に通っていたころ後輩で総合格闘技の現役選手T君がいた。このT君、凶暴な性格で約束組手で失敗すると初心者だろうが白帯だろうが突然奇襲攻撃をかけてくるので皆に疎まれていた。

ある日の約束組手。沖縄空手はまだキャリアの浅いT 君、私の突きを受けて投げ技をかけるのだが上手くいかない。いらだったのか突然、受け技から一気に道着を掴もうとしてきた。柔道経験者にガッチリと道着を掴まれたら簡単に崩されてしまう、こちらは相手が空手式の受け技を前提の約束稽古だったので相手の手を払う余裕はない。万事休す。

とっさに腰においていた両手を前に突き出した。長年稽古した型が体に残っていたのだろう。自然にナイハンチの双手突きがT君の胸をとらえた。T君の動きがとまった。

身体がぶれない、という前提があれば両手突きは意外に使える、ということがわかった瞬間だった。

基本と個性

知人が卓球のコーチをしている。指導上注意することは
「基本が大事。ただ一定の年齢になると基本通り体が動かない人がいる。中高生は徹底的に基本の動きを叩き込むが、大人で矯正できない場合はあきらめてその人の癖をいかした戦法を指導する。大人の指導はその指導の見極めが難しい」
とのこと。

私は卓球はわからないが「大人の指導はある程度癖を容認」は首肯できる。
「力を抜いて腕をまっすぐのばす」という動作すら30才以上の会員で最初からできた人はほとんどいない。特に左右が綺麗にバランスのとれる人は皆無といっていいだろう。

もちろん致命的な体の癖(著しい腰や足首のゆがみなど)は年単位かけても矯正する。
ただ10代なら期待できる「身体そのものの成長」というエネルギーが高齢者には期待できない。長年の日常生活や他のスポーツで身についた体の癖は容易に矯正できず、老化とのトレード・オフとなる。

当会でも基本の重要性は指導する。しかし、
「空手の教科書に手はこの高さ、足はこの高さと書いてあるからこの通りに演武しなさい」
といった指導は行わない。
「基本どおりにやってますけど何年やっても一向に技に威力が出ません」というケースは避けたい。

教科書的な基本と異なる一例。サンチンの立ち方は足裏をべったりつけるのが基本だが極端に足首が固い場合、多少かかとを浮かせるのもやむを得ない。当会では重心の安定のほうを重視する


沖縄空手体験稽古会終了!




既報どおり、当会初の外部向けイベント「沖縄空手体験稽古会」を尼崎市内で活動する上地流巴会さんのご協力のもと 8月12日(日)の午後、尼崎体育館(ベイコム体育館)において実施した。

内輪のメンバー以外はツイッターのフォロワーさんが1、2名程度の参加かと予想していたが思ったより多くの方々に参加いただき、背景もフルコン空手、沖縄空手、中国拳法、合気道など様々。短い時間ではあったが各流派の特徴を伝えあう充実した稽古会になったのではないかと思う。

当日のプログラムは

1)巴会様により上地流独特の身体をつくる体操(コツカケ補助運動)
2)当会の通常補助運動から力を抜いた状態で安定した体を作るための体操
3)巴会様による上地流型 - サンチン および カンシャブン
4)当会による心道流型   - ナイハンチおよびクーサンクー
5)個別ワークショップ     - 複数の少人数グループにわかれ、個別のテーマにそった稽古、巴会様および当会の型・稽古法等を個別に紹介

といった内容。一方的に見せたり、レクチャーするものよりは参加いただいた方の手をとって稽古したかったので(5)の交流稽古に特に重点を置いた。詳細は冒頭の上地流巴会さんのツイッターにまとめられているので請一読。当日私が交流、質疑応答させていただいた方々について思うままに感想 -

✘ さん(沖縄空手) 首里手系の流派をされているとのこと。型を確認。沖縄空手独特の突きと蹴りを同時に出す動作があったので型そのままに当会会員の腹を蹴らせてみる。この動作には疑問を感じておられた様子。手足を同じ間合いで戦うことで接近戦での沖縄空手の特徴が出ることを説明。また一見ありえないような動作でも空手の基本に忠実なら威力が出ることを実証。

y さん(フルコン空手) 偶然私が学生時代に稽古した会派の有段者。極真系の流派の基本に取り入れられている裏拳打ちを確認。やはり実用性に疑問を感じておられたようだが姿勢と力の使い方を改めることで裏拳での攻撃(裏拳脾臓打ち、裏拳まわし打ちなど)も十分威力が出ることを確認。接近戦では裏拳は有効な武器となるが威力が中途半端だとかえって相手が凶暴になる。

z さん (中国拳法)  站樁 を確認 。いささか腰の入れ方が甘かったので強制してしたところすぐに足腰に効いてきたのか苦悶の表情。まだ若く、身体も頑強なので更にこのまま下半身を安定させれば大きく伸びると思われる。組手もセンスがあるのか足技、手技の連続攻撃がスピーディ。今後が楽しみ。

ワークショップは長めにとったつもりだが1時間強だとあっという間に稽古終了。私の拙い進行にもかかわらず参加された方々から「よかった、参考になった」との感想をいただけたのが嬉しい。

S先生はじめ巴会の皆さん、ありがとうございました。参加いただいた皆さん、またお会いできることを楽しみにしています。

稽古会の一コマ。上地流S先生によるコツカケ指導
プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また三木市稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア