FC2ブログ

入会案内

大阪、兵庫、東京で沖縄空手の稽古会を主宰しております。
稽古場所は以下、体験参加希望の方は氏名、年齢、武道暦、ご記載の上ご連絡ください。

大阪本会 - 主にJR新大阪駅、阪急山田駅、阪急服部天神駅近くの公共施設等。稽古日は主に日曜の午前9時半から正午すぎ、火曜の夜間8時から10時です。 連絡は jyoutatsuhou@gmail.com  まで。       


東京稽古会 - 主に川崎地区、JR武蔵小杉駅界隈の公共施設にて週末行います。
1)正規稽古 - 原則的に奇数月の土曜夜間と日曜午前、私が大阪より赴き直接指導
2)自主トレ会 - 不定期に有志による稽古会

問い合わせは jyoutatsuhou@gmail.com まで。


西神・三木稽古会 - 兵庫県神戸市西区、明石市、三木市近郊にて主に平日夜間。 問い合わせは jyoutatsuhou@gmail.com まで。

奈良稽古会 - 主に京都府南都(宇治地区)、奈良(田原本町)で週1-2回の稽古となります。問い合わせは上記 jyoutatsuhou@gmail.com まで

常識があり、礼節・品格を保て、かつ武道、武術に情熱をもたれている社会人を主な対象としています。武道(伝統空手、フルコン空手、中国武術、合気道等をとわず)を修行されている方で以下のようなことで悩まれたことはありませんか?

・いくら練習をしてもパンチ力が向上しない。
・型稽古を行っているが組手にどう生かせばいいのかわからない。
・有名な先生の道場に通っているが人が多すぎて丁寧に教われない。
・実戦派の中国拳法を習っているが組手スタイルがフルコン空手と同じになってしまう。
・現代武道と平行して古武道を習ったところ組手が弱くなった。
・伝統武道を行っているが現代武道のスピードについてゆけるか不安だ。
・打撃系の武道を行っているが自分の攻撃法が単調に思える。
・素人に力いっぱい手首を握られて合気系の技がかけられなかった……    


*一回の稽古時間は2−3時間です。事前に申し出ていただければ途中退出等もかまいません。また最初に稽古参加日を連絡いただいてから自主的に参加となります。稽古日すべてに出席を強制するわけではありません。会費はチケット制、10回分が15000円です(大阪本会)。

*体験参加について
1)大阪本会  - 初回は無料指導による体験参加(1回のみ)、公共施設の会場費(300-600円)のみ負担ください。
2)東京稽古会 - ビジター参加による体験参加となります(1回3000円、複数回受講可)
3)三木稽古会 - 初回は指導料、会場費とも無料



*稽古時間の大半ははサンチンからはじまる沖縄空手の「型」の徹底的なチェック、矯正および約束組手等による検証で費やします。

*いわゆる筋トレやストレッチなどで稽古時間を浪費することはありません。教わらないとできない動き、道場でないとできない稽古を中心としています。

*自由組手は月に2−3回です。勝敗を争うことよりも自由な動きのなかでどれだけ習ったとおりに身体が動くかの検証を重視しています。
また初心者にいきなり自由組手を強制することはありません。年齢、性格等を考慮して参加させる時期を決めていますがまったくの初心者の場合は入会後1年くらい経過してから参加するケースもあります。また高齢の場合は自由組手を控えさせることもあります。

普通の才能の方が当会に入会されたからといって天下の達人にはなりません。しかし真面目に一定期間稽古すればこれまでのスポーツ武道で得られなかった身体の使い方、術理が確かめられることは約束します。ただ、サボって上達したい方や数回の出席で古流の術理をマスターできると信じておられる方には向かないと思います。

入会を強制することはありません。入会後も稽古と無関係なイベント等で多額の費用がかかることもありません。興味を持たれた方は jyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。また、真面目な問い合わせであれば入会以外の質問、交流の申し込み等もお待ちしております。



空手 ブログランキングへ

スポンサーサイト



3月28日および29日、東京稽古会のお知らせ

3月26日 追記    コロナウイルス感染が広がりつつある現状に鑑み、今回の東京稽古会は中止となりました。

何かと騒がしい世相ではありますが予定通り奇数月開催の東京稽古会を今月も行うことになりました。
ビジター参加制度もありますので

1)当会に興味を持たれている方
2)自身の道場で指導される型の解釈に疑問を持たれている方
3)日頃のトレーニングにマンネリを感じられている方

など気軽に問いあわせください。
場所、次回は東急 武蔵小杉駅近辺の公共施設、時間は

28日(土) 午後6時半から9時
29日(日) 午前9時半から正午

です。小人数でないと指導が難しいので一定人数となれば応募を締め切る可能性もあります。
ご了承下さい。

2020年1月 東京空手ロード



17日(金)より上京した。金曜日はプロ格闘家菊野克紀さん主宰の手合わせ稽古会、土日は当会の東京稽古会指導。
手合わせ稽古会は何回かこのブログでも述べているがさまざまな流派の稽古生が集い、自由組手を通じお互いの技量向上を目指す。勝敗を競うものではないが他流で鍛えた術者に技を用いることが約束稽古のように簡単にいかないことをあらためて実感できる。このような交流会はややもすれば殺伐となりがちなものだが手合わせ稽古会は真剣な中にもお互いを思いやり技術向上をはかり、本当に気持ちよく稽古できるのである。会場を見れば私とそれほど年代の変わらない方たちもちらほら、年齢を口実にさぼるわけにもいかず、私にとってはアンチエイジングの効果もあり(笑)
手合わせ稽古会にはもう一つ、武友、武縁が広がる嬉しいおまけがある。今回も岩崎指導員(空手道数見道場)や廣末師範(合気投げっぱなし稽古会)と再会したほか新たな同好の士との出会いもあり楽しさ満開。稽古会後の懇親会もあっという間に日付が変わる時間まで飲み、語らい、そしてミニセミナー(?)とあたかも二部稽古の如し。



土曜は川崎市内で当会東京稽古会。リーダーのO君が多忙で稽古不足の感もあり、武的身体創りの基本稽古に時間を多く割いた。稽古不足のまま威力を出そうとすると胸や太ももなどに不要な力が入る悪癖が身についてしまう。丁寧に、丁寧に基本を確認した。もうすぐ入会1年となるK君のサンチンがかなり締まってきたのが収穫と言える。
日曜の稽古には手合わせ稽古会にも参加していた投げっぱなし稽古会の若い会員さん2名がビジター参加。空手歴はなく、合気道もキャリア的にはまだまだとも思ったが少し手直しすればぐんぐん流派を超えた武道の原則を吸収する。若いってすばらしい。ビジター諸君にはお土産代わりに金曜の懇親会で菊野さんが指導していた拳の使い方再現をトライ。



2月にははじめての試合として敬天愛人アマチュア大会に参加するとのこと。若い時期の試合は貴重な体験。ルールの制約があるとはいえ本気で突き蹴り、組み打つ相手との経験はプラスになることは間違いない。検討を祈る!

敬天愛人アマチュア大会

日曜午後に2泊3日の稽古を終えて帰阪。さすがに夜の大阪本会での稽古はかなり疲労が来ていたが実に心地よい。ご縁のあった皆さん、ありがとうございます!

始動!2020年



早いもので武道上達法研究会も設立15年目となりました。変わらず細々とではありますが社会人として様々な制約の中、可能な限り真の沖縄空手の姿を追求する団体でありたいと思います。
昨年は新たな会員が増えた半面、従来の会員で環境の変化等で出席頻度が激減したものもあり、会全体のレベルアップという点では課題のある1年でした(初心者は上達と出席頻度は比例します)。
一方、他流派、現代格闘技の方々との交流により新たな発見もあり。私自身もまだまだ研鑽を積まねばならないと思わされた年でもありました。
今年も神秘系に走ることなく、沖縄「空手」として武の道を求める会派でありたいと思います。

PS  1月18日(夜間)、19日(午前)は川崎市内において今年初の東京稽古会稽古となっております。東京稽古会は入会前提でなくともビジター参加可能ですので関心のある方はご連絡ください。

覆面YOUTUBER 来訪

先日の稽古には武道系の動画をYOUTUBEにアップされている Siro-Obi チャンネルさんが来訪。問い合わせのメールも礼儀正しかったので当会の稽古風景を動画アップすることも了解した。

当日あらわれたSiro-Obi チャンネル氏、YOUTUBERというのでてっきりオタクっぽいガリガリ体形のマニアを想像(偏見多謝)していたところなかなかしっかりした身体をしているではないか。聞けば大手流派の黒帯とのこと。当会会員にも他流と交流するいい機会になったと思う。ウエイトトレーニング中心で鍛えた突き、蹴りは弊害もあったが体幹はそれなりにしっかりしていた。力の使い方を間違えなければ将来が楽しみな好青年。できあがった動画はさすがYOUTUBER、基本中心の稽古日だったが当会の内容をよく編集していただいた。乞う一覧。



関東在住とは聞いていたので関西に出張の用事でもあったのかと思いきや当会取材のために来阪されたのは驚き。当会のブログやツイッターに取材意欲を掻き立てるものがったのだろうか?次回は東京稽古会での再会を約束し散会となった。

今年も少なからず他流の方々と交流を持てた。来年も新たな武縁が広げるとともに、小なりとはいえ武道を稽古する団体として恥ずかしくない活動を続けたい。

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

「打たれる」稽古と心道流

当会は心道流の流れをくんではいるが組手に関しては私が組手指導をいただいた I 先生の影響が大きい。
「達人でもないもんが一発も打たれへんということはありえへんやろ、素人のパンチでくたばって武道と言えるのか!」

当会は普通の社会人を対象としているので会員のレベルに合わせて稽古を行っているがある程度空手らしい動きが身につけば胸や腹、腕をぶつける稽古も普通に行う。あまりに打たれ弱いと「痛い!」という感覚に負けて実際のダメージ以上に反撃に影響する。このあたりはフルコン空手の経験者なら容易に理解できると思う。

ところで・・・私の心道流の先生はしばしば以下のような話をされた。
「座波先生との稽古の後、家路に着く途中腕や足がヒリヒリしびれた。座波先生に打たれると本当に痛かった。スポーツ空手で打たれたのとは異なる感覚だった」
つまり座波先生は少なくとも老境に入るまでは必ずしも「痛くない」稽古ばかりをしていたのではないということだ。武術としてはむしろ当然のことと思う。

「痛くない稽古」が心道流の特徴と断言するのは短絡的に過ぎるように感じている。

沖縄空手セミナーとミニ演武



20日は当会と交流のある上地流巴会さん主宰の沖縄空手セミナー。私も招待いただき前日の懇親会およびセミナーに参加させていただいた。

セミナーは本場沖縄から来訪された沖縄拳法および一心流の先生方によるもの。珍しい型の演武・解説、武器術、小手鍛え等の紹介があり興味深いセミナーだった。時間が短かかったのが惜しまれる。

セミナーの最後にご好意により私と当会指導助手K君による型と模範組手の簡単な演武をさせていただいた。顔面や下腹部、関節部への攻撃が中心となるため安全のため来場された皆さんとの組手は辞退となったが演武後講師の先生方から「いい組手を見せていただき参考になりました」とのお言葉(社交辞令)をいただいたことが嬉しい。

本場の先生方から見れば私の空手など児戯に等しいだろうが常に研究を怠らない姿勢には頭が下がる思いである。前日の懇親会でうかがった「本来沖縄での空手稽古は相互に自宅を訪ね、型を通じて技術を交流するものだった。謝礼は農作物や酒などの質素なもの。本来の空手稽古のスタイルを再現したい」とのお言葉を思い出した。伝統を守ることと排他性はイコールではない。

講義いただいた先生方、招待いただいた上地流S先生、ありがとうございました。

191020 セミナー写真当会演武  沖縄拳法空手道協会副会長 喜屋武徹先生提供

なぜ、一度に多人数を指導できないのか?

中国拳法などで「中国武術は日本武術と異なり、一度に多人数は指導できない」ということはよく言われる。私の母流(心道流空手)も初心者の指導は大人なら5人程度が限度と教わった。

なぜ一度に多人数を指導できないのか?

会員はそれぞれ体格、運動能力、性格すべて異なる。「今月の新入会員10人は皆が全員体力テストが似たような数値、性格も皆同じように闘志むき出しのファイタータイプ」といったケースは非常にまれだろう。マトモな指導をするなら指導はオーダーメイドにならざるを得ない。

会員N君は美容師。上記の話題となったが
私「お客さんはいろいろな髪質があるやろ。みんな同じようにカットするか?」
N君「髪の癖によってカットやトリートメントの方法は変えますよ。中には「美容学校でこう習った」と誰にも同じようにカットするアシスタントもいますがこういううのがトップ美容師になるのは難しいですね~」

東京稽古会 - ビジター会員制度のお知らせ

現在、当会東京稽古会の正規稽古は

日時  原則奇数月の中ー下旬の土曜夜と日曜午前、神奈川県川崎市武蔵小杉駅近辺の公共施設にて、
指導  私(古流修行者)による出張直接指導

となっています(ほかに不定期で有志による自主トレもあり)。

このほど正規稽古において試験的にビジター会員制度を設けることとなりました。

内容 - 上記隔月の稽古に参加し当会会員と同じ内容の稽古
       (補助運動、基本型(最初はサンチン、ナイハンチ)、突き蹴り等の基本の確認など)
       古流空手仕様の身体を創るための基礎鍛錬が中心となります、

費用 -  出席1回(稽古時間2時間半~3時間程度)につき3千円

先日(7月28日)に行ったセミナーでは当会の稽古内容を広く、浅く知っていただき、かつ参加された皆さんの日頃の稽古との相違点確認、今後の稽古参考のための助言等が中心でした。
参加された方の意見中「型の数をもっと少なく、サンチン中心に深く教えてほしい」というものがありました。これは当会の通常の稽古(少ない型を深く取り下げ、型だけでマンネリする部分はさまざまの補助運動で体を創る)に近いものがありましたのでこのほど試験的にビジター制度を導入することになった次第です。

セミナーについては今後も半年に1回程度の頻度で開催する予定です。
ビジターとセミナーの稽古内容の違いは -

1)型について
ビジター = 当初はサンチンのみ、他流の経験があればナイハンチやパッサイなど共通する部分については解説する可能性もあり。
セミナー  = 心道流の五つの型をひとととり演武紹介。時間が限られるため型についての説明は限られる。

2)補助トレーニングについて
ビジター = 古流仕様の身体を創るため当会で指導するトレーニング法をひととおり紹介したのち各人オーダーメイド。
セミナー = 時間が限られるため1-2種をピックアップして指導。

3)自由組手
ビジター = 将来的に進捗すれば行う。
セミナー = 原則として無し。

次回東京稽古会は
9月28日(土) 午後6時半より9時まで
9月29日(日) 午前9時半より正午まで
です。

参加希望、そのほかの質問等は  メール jyoutatsuhou@gmail.com までご連絡お願いします。

当会の補助運動の一つ、下半身の粘り、柔軟性を高める運動当会の補助運動の一つ、下半身の粘り、柔軟性を高める運動


















「内面」に2義あり

空手の先生はよく「内面ができとらん!」という指導をされた。先生に質問することは非常に難しい雰囲気だったので皆「自分ができていないことはわかるが、どうしたらできるようになるのかわからない」というのが正直なところだった。

さて、私の教室では「ハラの力」を重視する。いわゆる古流(古流空手、中国武術、合気など)は体幹部に威力の源を持つことが多い。腕力、脚力に比べて体幹は格段に強い力を出せるかわりにコントロールが難しい。腕や足などに無駄な力が入っていると体幹の力がスムースに伝達できない。逆に言えば力の源である体幹の力をコントロールできれば大きな力を使うことができる。当会の指導では「ハラの力ができてきた(或いはできていない)」という表現をすることが多い。この意味で内面(=ハラ)の力を創れ!、といった表現を使うことはある。

ただ、冒頭紹介した沖縄空手の先生はより次元の高い意味で「内面」という表現を用いられていたのではないかと察する。先生のレベルでは単なる打撃や手足の操法、脱力やインナーマッスルといった技術を超えた「気」「品格」を中心に説かれていたように思う。空手の動作を通じ、人間としての品格を高めることを「内面」と称せられていたのではないだろうか。だらしなく生きている人間と日々高潔に生きる人間とでは面前に立った雰囲気が異なる。武道家なら山岡鉄舟のように武技を超え、武徳で相手を制することこそ武道の究極とも言える。

もちろん私のレベルではそこまで及ばない。何年稽古してもいまだに空手の術理を模索しているのが実情。もちろん術理やトレーニングを超えた内面の力(人格)は否定できないが、そこに至る前に武道としての内面の力(体幹部の力)をつけることを先決としている。

平櫛田中作 「尾上菊五郎」。昭和の大物芸術家の内面を「ハラ」も「風格」も見事に表現している



プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪市内、三木市内で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
526位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
42位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア