記事一覧

スピードアップのトレーニング

当会会員のS君は高校時代空手部に所属していた。無理なパワートレーニングを指導されたせいか入会当初は突きのスピードが非常に遅かった。「スピードがないな、高校のクラブでもそんな指摘がなかったか?」「ハイ、スピードがないと言われました」「で、どんな指導をされた?」「もっとスピードを出せ、と言われました」「それで?」「それだけです」「は?それだけ?」「それだけです」「・・・・・」学校の先生が成績の悪い生徒...

続きを読む

幻の弧拳打ち

マンガ「空手バカ一代」のオープニングはニューヨークの暗黒街の一室、マス大山がまわりを囲んだギャングを一瞬で制圧する場面である。このとき両脇に立つ悪漢をKOしたのが弧拳打ちだ。弧拳打ち − 曲げた手首の外側を打ちつける技 大山倍達先生の書かれた技術書には弧拳にかなりの頁が費やされていた(ダイナミック空手、百万人の空手など)。実戦では正拳を握る暇がないので弧拳は有効な技となるといった説明だった。 フルコ...

続きを読む

中段突き、上段突き − 基本稽古考

素人の無茶苦茶な攻撃は案外受けにくい。多くの場合威力はないので素手だとなんとかなるにしても、これが殺傷力があるもの(刃物など)だと素人の無茶苦茶攻撃は中途半端な玄人テクニックより受けにくいと思う。今井伸郎(坂本龍馬を暗殺した剣客)の有名な言葉、「剣術をやった相手のほうが斬るのは簡単」ということになるのだろう。さて、多くの流派で基本稽古(一人でのその場突きの稽古)を行う。指導者によっては「上段を突い...

続きを読む

基本の突きは腋を締めろ!は正解だが・・・

大学時代、フルコン空手の基本稽古でサンチン立ちから左右交互に突きを繰り出す練習を行った。「基本の突き技を繰り返す稽古は強いパンチ力をつけるために重要」という理由だった。その際の注意事項として体重を乗せることと同様に指摘させられたのが「腋を締めろ!」ということだ。体重を乗せることは力学的にも合理性があるが腋を締めることの重要性は納得のいく説明をしてくれた先輩はいなかった。私も含め、皆「基本だからなん...

続きを読む

続・蹴り技考

沖縄空手をはじめたとき、蹴り技の使い方について指導を受けた。手技で間合いを測り、とどめに威力のある蹴り技を使うのがよい、ということだった。通常はフルコン、寸止め空手とも間合いの保てる蹴り技で相手との距離を調整し、相手の隙をみて接近戦にもちこんだ後は器用に動かせる手技で極めてゆくケースが多い。スポーツ空手と逆なんですね、と質問する私に先生は「そうだ、安定性に欠ける蹴り技は多用しない。威力のある蹴り技...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
70位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR