記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

武術的筋力トレーニング

ボディビルの初心者は多くの場合ベンチプレスやバーベルスクワットなどで大きい筋肉(大胸筋や大腿筋など)を中心にトレーニングを行う。筋肉量の多い部分を大きくすればトレーニングの成果がわかりやすく、ビルドアップの効果が早く確認できる。さて、まったく運動経験のない人が武術をはじめる場合、フヌケでは話にならないので最初はある程度筋力を鍛えることも必要だ。鍛えやすい筋肉もさることながら関節の継ぎ目や靭帯のまわ...

続きを読む

下半身を鍛える、ということ

現代武道、実用武術を問わず下半身の鍛練は大切だ。ちょっと組みつかれただけで簡単にくだけてしまうような腰ではいくら高度な術理を唱えても使い物にはならないだろう。ただ、普通の体力、体格の空手家がスクワットなどで少々下半身を鍛えたところで本格的に相撲、柔道を修行したものに組みつかれては簡単に倒されてしまうだろう。相手のパワーを受け止めるというより吸収するような足腰の強さが求められる。指導者によってはより...

続きを読む

ウエイトトレーニングをなぜやめられないのか

以前のブログで古流をあきらめかけたとき、一時ウエイトトレーニングを中心に行っていたことを紹介した。ジムに通うと以外に多いのが「学生時代に格闘技をやっていた、社会人になり強さが衰えることを防止するためにウエイトをはじめた、だんだん身体ががガッチリするのが楽しくなり強くなることよりも強そうに見えることのほうに興味が移っていった」という人たちだった。私も少しづつ重たいバーベルが上がるのが楽しくなり、当時...

続きを読む

なぜウエイトをしないと不安になるのか(後編) 

前回からの続き。私は先生のようなパワーがあってはじめて先生のような威力が出せるのではないかと思うようになった。そんなある日読んだフルコンタクトKARATE誌に木村政彦先生と塩田剛三先生の対談が載っていた。塩田先生談合気道はね、体によどみを作らないために筋肉を鍛えてはいけないんだ。 しかし、若い頃はそんなことわからないから、植芝先生に隠れて鉄アレイを持ち上げたりして、見つかるとよくおこられた。 しかし、若い...

続きを読む

なぜウエイトをしないと不安になるのか(前編) - 続・ライオンは筋トレをしない

前回のブログ「ライオンは筋トレをしないが競走馬はトレーニングを行うには少なからずコメントをいただいた。拙文を愛読いただいている方がおられることを実感でき、ありがたく思っている。さて、私の悪文のせいで主旨が不明瞭であった点をお詫びしつつ、内容を整理してみたい。1)ライオンが筋トレをしないことを理由に自分の練習をサボる口実を探すのは怠け者2)ライオンは人工的な筋トレはしないがもともと動物としての強さが...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。