記事一覧

投げ技の約束組手ー コツで投げる?

本日の稽古終了。後半でサンチン応用の投げ技を稽古。最初は失敗していたS本君、要領を掴んだのはいいのだが今度はかかりにくい相手まで強引に投げようとする。投げ技はあくまで稽古の方便。投げにくい相手には崩しができれば可。— 古流修行者@武道上達法研究会 (@jyoutatsu) 2018年2月6日私の教わった道場では投げ技の約束組手を重視した。競技を重視しない流派で投げ技を重視する流派(合気道や少林寺拳法も含め)が少な...

続きを読む

型に解あり

沖縄空手の型は何年稽古しても新しい発見がある。ナイハンチの型はほぼ正面を向いたまま蟹のように真横に移動する。現実の戦いではまずありえない動きだ。横から襲われた時の技術、などという解釈をするとますますわからない。閑話休題、未だに自由組手の立ち方、戦い方で迷うことがある。ポイント制の競技空手で有効な半身の構えが「何でもあり」だと不利なことは理解できる。では相手の正面にただまっすぐ立っていればいいのか?...

続きを読む

初心者恐るべし

新入会員のKH君はまだ十数回の出席だが進歩が著しい。なまじ武道、格闘技歴がないだけに動きが自然である。当会では身体で打撃を受けてお互いの打撃力向上を確認する稽古を行うがKH君のパンチはかなり浸透する。経験者と違いサンドバッグや審判相手に技をアピールする習慣がないだけに教わった技術を素直に習得できる。先日の稽古でははじめて組手に参加させた。アラフォー、華奢で体力的に劣るKH君にはまだ互角の自由組手は難しい...

続きを読む

クーサンクー - 蹴り足があがらない!?

以前、武術的蹴り技という記事を書いた。流祖先生の蹴りが当時の私にはダイナミックには見えなかったというくくりの記事だった。さて、このところ型「クーサンクー」がマイブーム。蹴りと裏拳がスピーディに連続する型なので組手の応用がいろいろと想像できる。クーサンクーの一部、ダイナミックな動きの多い型であるさて、若いころは簡単に思えたクーサンクーの蹴り技が難しい。当時はフルコン空手から転向して間もなく、足も比較...

続きを読む

手首を柔らかく

テニスや野球(特に投手)などでは練習前の手首のストレッチは必須。手首を急速にねじる運動を長時間続ければヒジや手首にスポーツ障害を生じやすい。また変化球を得意にするには手首の可動範囲等も重要な要素だとか。さて空手の場合、手首の可動範囲が広ければよいかと問われれば特にその必要性はないと感じる。可動範囲が広いと逆技がかかりにくいという説もあるが、むしろ可動範囲の広い手首だと関節技が大きく極まってしまうの...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
843位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR