記事一覧

技が盗まれるぞ!?

大学で空手をはじめた当時、フルコン空手の教科書といえば大山先生の著書くらいしかなかった。購入して参考としたが基本(突き、蹴り、受け)も約束組手で大学で教わるもの(サバキ空手)とはかなり異なっていた。真偽は不明だが先輩によればフルコン空手の同好会結成当時、他流空手や少林寺拳法のクラブが技をが盗みに来るので明らかにスパイとおぼしき人物が周囲にいた場合、約束組手やコンビネーションはすぐに中止し、体力運動...

続きを読む

ただ一度の試合 (後編)

前回より続く。私はポイントで相手を上回っていたしダメージのある攻撃はほとんど受けていなかった。しかし突然攻撃ができなくなった。酸欠だ。スーパーセーフに慣れていない私は防具をつけたときの呼吸法もわからず日ごろと同様の荒い息使いで掛け声を出しながらラッシュを続けていた。どの程度の時間が過ぎたか定かではないが金魚鉢で無理やり顔面をおおわれたかのごとく呼吸も視界も苦しくなった。首つりをしながら闘っているか...

続きを読む

ただ一度の試合 (中編)

前回から続く。Tと私は指導面でしばしば意見が対立した。当時後輩の指導は私とTが中心になって行っていた。一応フルコン空手同好会の建前は「実戦空手」だったので顔面攻防等も念頭に置いていた。Tは「コンビネーションのときに顔面ガードを意識していれば顔面攻防は十分」といった考えのようだった。私は「一人稽古で顔面に手をおいてもあくまで意識している「つもり」に過ぎない。顔面への攻防を意識するならある程度自由な形式...

続きを読む

ただ一度の試合 (前編)

フルコン空手ではオープントーナメントという大会エントリー形式がある。様々なレベルのオープン大会があり、自分に適したルール、レベルに応じて試合にエントリーできる今はいい時代だと思う。私がフルコン空手現役時代(学生時代)はフルコン空手の試合は極真会館をはじめトップレベルの選手のみのものであり参加も敷居が高いものだったがそれでも大学空手を引退する時期から少しづつこの形式の試合が一般化されつつあった。大学...

続きを読む

半身と組手の構え

大学時代のサバキ系フルコン空手では基本稽古の立ち方とは別に「組手の構え」と呼ばれる立ち方を指導された。「相手に対して身体を45度に傾けるんじゃ!正面から相手の攻撃を受けてはパワーに勝てん、ななめになってパワーの衝突を避けるんや」と、ある意味理論的に聞こえる指導だった。約束組手では相手の攻撃をサバキ半身の特徴を生かしてサイドに回り込む技術もそれほど難しくなく使用できた。さて、自由組手。ある程度パワー...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR