記事一覧

2006年12月23日

早いもので今年最後の稽古日となった。今日の参加は古参(といっても1−2年程度)の生徒二名。最近新入会員や体験参加者が増えているので是非古参の諸君にはさすが先輩といえるだけの技量を身につけてほしいものだ。少人数のため型や移動に十分時間をとって細かいところをあらためてチェック。サンチンの型は二人ともかなり上達している。腕ではなくハラで技をあやつることの重要性が理解されてきたようだ。基本的な約束組手も再...

続きを読む

2006年12月17日

尼崎での稽古、参加は体験参加のY君を含め5名。比較的会歴の浅い生徒が多かったので柔法を中心に基礎的な身体を練る稽古を主に行った。SN君はまったくの素人なのだが数回の参加で技の伸びがすばらしい。型の順番すらまだ教えていないナイハンチの分解組手が少し腰を補助するだけで上手に決まる。妙に体重を乗せたり、身体を回転させたりしないため教えた技がそのまま再現できるのだ。自由組手は最年長F氏が相変わらず元気だ。前回...

続きを読む

2006年12月16日

今年も残り少ない。今週と来週は変則的に土曜も稽古を行う。本日の参加者は当会では古参(といっても1−2年ほど)のメンバーのI君とM君、S君それに当会会員歴一月ほどのN君の4人だ。道場が限られた時間しか使用できなかったため移動稽古とサンチンのチェックを徹底的に行う。I君はかなりましになってきたとはいえ腰を動かす癖がまだとれていない。またS君も背中や首の妙なところに力を入れる癖を矯正するのに時間がかかっている。...

続きを読む

2006年12月9日

今日は公共の体育館の柔道場での稽古だ。SN君はまだ4回目の稽古だがなまじスポーツ格闘技をかじっていないだけに姿勢からくる力の向上が驚くほど早い。もちろんまだ力が入っているところや不安定なところはあるが来るたびにどんどん上達してゆく。畳の間での稽古ということでいつもより投げ技、固め技の度合いを増やしてみる。投げ技はそれを組手に用いるというより型でできた姿勢のチェックとしての練習だ。力で投げる投げ技は投...

続きを読む

2006年12月3日

今日は合気道歴1年のT氏が体験参加。最初に当会会員歴2週間、それ以前の武道歴なしのSN君に思い切り片手で手首を握らせたところ技がかからない。腕を無理に持ち上げようとする動きでぶつかっており、素人同然のSN君はなまじ訓練されていないだけに自然にぶつかったときに腕がしまるのだ。手首関節の構造を覚えるのはそれほど難しいことではない。前半は柔法中心の稽古を行う。手首を握ったままじっとしているという、現実にありえ...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR