FC2ブログ

移動稽古

一昔前はフルコン、伝統派問わず移動稽古(前屈立ちや四股立ちから後足を大きく前に踏み出して突きを行う稽古)は重視されたが最近は行うところも少なくなっているようだ。フルコン流派ではファイティングポーズからのコンビネーションのみを移動稽古としているところも多いという。なぜ移動稽古が重視されなくなっているかといえば答えは簡単、組手の役に立たない(と思われている)からだ。
当会稽古では移動稽古を毎回行っているわけではないが上体を運びながら技を出す稽古としてそれなりに重視している。歩き方は自然なままだ、スタンスは狭く、また不要な腰の回転は加えない。いわゆる基本稽古(その場突き)の延長として考え、下半身に重みをかけながら移動する習慣がつけば自由組手にも効果も大きいのだ。

スポンサーサイト

連打

最年少、最軽量のS君は高校空手部の出身。入会後半年を経て少しづつではあるが自由組手にも参加できるようになってきた。寸止め空手特有の単発で攻撃が終了してしまうことと足が止まってしまう癖がようやく抜けてきたのだ。あとは必要以上に相手の攻撃を見てしまう癖をとればスピードを生かした組手ができるかも。

自由組手−足を使う

昨日の稽古では今年はじめて自由組手を行った。今年はじめての参加者もいたので一人あたり一本程度にしたが、皆積極的に連打を出しながら前進する動きが身についてきており、教える側としてはまた嬉しくなってくる。
さて、攻撃はいいのだが防御になるとまだ硬さの残っていたのが全般的に課題といえる。相手のパンチに対し、自分の足を止めたまま手を使って防御しようとする会員がしばしば見られたことが組手の課題と言える。ピョンピョンはねるフットワークを奨励するのではない。自然な歩み足が意外にスピードがあることが理解できれば足を使った柔らかい攻防が可能になり、組手の幅も広がるのだが。
プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また三木市稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア