記事一覧

両手を使う

本日の自由組手でまたW君の動きがよくなっていた。右、左両方の腕の自由度がかなり高まっていたのだ。簡単に言えば両腕を使って攻撃できるようになっていた、ということである。当たり前じゃないか、と思われるかも知れない。しかしW君、これまでは平行して通っている流派の癖で左手で相手の攻撃を流し、右手や蹴りで反撃しようとしていた。つまりかなり攻防のパターンが読みやすかったのである。もちろん組手の流れで左の受け技...

続きを読む

基本の歩法

型、クーサンクーやパッサイでは猫足立ちから移動する部分が多く出てくる。会員のM君が昨日の稽古でその部分をすり足で移動していたので矯正した。猫足立ちでの移動はその名のごとく、猫が歩くように軽く足を浮かすのが原則だ。一昔前の武道の入門書には必ずといっていいほど「歩法はすり足が原則」と書かれていた。道場ならそれでもいいだろうが道路も舗装されておらず、履物も草履などの時代にすり足が基本とされていたのだろう...

続きを読む

老若男女誰でもできる?

ある武道団体の入会案内をみていたら「当会の指導では女性、年少者、高齢の方など、どなたでも真の武術が習得できます」といった内容が記されていた。本当だろうか?確かに可能性としてはゼロとは言えまい。しかし少なくとも私は通常の女性修行者が屈強の男性を楽々と制圧した姿を見たことはない。何事も天下の名人、達人となるのは一部の天才のみである。高齢の達人もおられるだろうが老齢になってからはじめたのではなく、少年期...

続きを読む

指導と礼節

嫌なものを見てしまった。公共の体育館である流派(胸には某大手流派のマーク、偽団体であることを祈る)の若者が少年部を指導している。指導者は途中で疲れたのか寝そべったまま顔だけを横に向け「オラ、ラスト30秒!」などと叫び、パンチや蹴りを繰り返すよう指示している。その流派の創始者は礼儀に厳しいことで知られた先生(故人)だ。さらにおかしいのは引率のお母さんとおぼしきおばさん達がその様子を不思議とも思わず、...

続きを読む

関節蹴り

型「パッサイ」や「セイサン」には足刀で相手の膝関節を蹴る技が出てくる。極真会館などでは「関節蹴り」と呼ばれるもので基本稽古の一環に取り入れている道場もある。きまれば威力の大きい技(多くの流派では試合で使うことを禁じている)なのだが実際に使うのは難しい技でもある。自由に動く相手の膝をとらえるのは容易ではないし、腕や服をトラップして固定できたとしても相手が鍛えている場合簡単に相手の姿勢は崩れるものでは...

続きを読む

裸でも生きる 2

裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社BIZ)山口 絵理子講談社このアイテムの詳細を見る著者の名は昨年放送の「情熱大陸」で知った。冒頭でも書かれているが一度のテレビ出演で著者の経営する雑貨店「マザーハウス」の認知度が大幅に上がったようだ。起業までの著者の自叙伝である一作目「裸でも生きる」に比べると続編はかなりビジネス書としても読めるものになっている。ネパール進出時のバングラデシュとはまた違っ...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR