FC2ブログ

身体のゆがみをとる

当会では多くの稽古生が他流派、他武道の経験者だ。そしてほとんどの場合、無茶なトレーニングで身体に癖をつくっている。腰が反り返ったり、顔が前に突き出たり、肩が不必要に上下したりといった具合だ。

私見ではあるのだが、30代になれば身体のゆがみを完全に矯正することは難しい。型や健康体操、ヨガなどでももちろん、鍼灸や整体を用いても日常生活を続けながらの矯正は困難だろう。私にしてからが若いころのスポーツトレーニングのおかげで故障持ちだが、それでも型と姿勢の関係が自覚できてからは腰や背中の痛みは20代よりも40代後半の現在のほうがはるかに状態は良い。

当会の場合、多くは入会後しばらく基本型(サンチン、ナイハンチ)を用いて姿勢を矯正する期間となる。最初は「ゆがみが自分でわかるか?」と聞いても自覚できないケースがほとんどだが2−3カ月で自分が正しい姿勢をとれていないことは自覚できるようになる。もちろん「正しい姿勢でないことがわかる」ことと「正しい姿勢をとれる」ことは別ではあるが「正しい姿勢」がわからないでは矯正のしようもない。

単独での型を通じて自然な姿勢をつくること、それが相手に対しても自然な姿勢で技をかける第一歩である。

スポンサーサイト

サンチンの「キツさ」

入会後約1年半が経過した会員がこのところぐんぐん進歩している。

今日の稽古ではW君にサンチンの肘の絞りを改めて指導した。パートナーが補助をつけてサンチンを行うのである。肘の絞りを重点的に稽古した。

パートナーはごまかしのない肘の絞りができるよう、横からしっかり支えるだけである。それだけのことがまだ絞りができていない稽古生には実にキツい稽古となる。鉄アレイを持たせたり、型の間中殴りつけたりするキツさとは違ったキツさであるが、身体を歪めるようなことはなく、むしろ自然に矯正されてゆく。

サンチンの型だけでも工夫しだいでは相当に負荷抵抗の高い運動となるのである。

稽古はじめ

今日は本年の稽古はじめ。寒い中、広い道場での稽古だったので身体を温めるため投げ技の稽古を多くおこなった。

何度も書いているが稽古の投げ技では相手を投げ倒すことにそれほど意味はない。道着を着た相手を大きく投げ飛ばすのであれば柔道のほうがよほど体育として合理的にできている。

約束稽古の投げ技では足でふんばらず、ハラで技をかける感覚、接近する際にドタドタした体勢の乱れがないかのチェックなどをしっかりすること。さらには相手を「虚」にできる感覚さえつかめてくれば例え相手が倒れなくとも良い稽古ができている。
プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、三木で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
592位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
43位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア