記事一覧

逆突き

ボクシング (スポーツ入門双書 (10))高比良 靖男ベースボール・マガジン社このアイテムの詳細を見る学生時代に読み返した記憶がある。本書の初版は1962年、写真や図解より文章が多く純技術書としては読みにくい部分もあるが練習方法、競技への姿勢など、怪しげな武道本よりはるかに哲学を感じさせる一冊。本文48ページからの引用。「右のストレートは、フィニッシュ・ブロー即ち止めを刺す一打です。(中略)ただし右手はや...

続きを読む

受け身論

かなり昔の話だがテレビのバラエティ番組に某武道の指導者のゲストがお笑いタレントに崩し技をかけた。通常ならば綺麗に受け身をとるか、膝から落ちるなどして技の効果を観衆にアピールするところだ。ところがそのお笑いタレント、最初の軽い崩しで恐怖心からか大げさに足をバタバタ動かし、中途半端に逃げるためなかなか倒れない。そこを無理に指導者氏が腕関節をとりにゆくものだからいささか演武としては不格好だったことを覚え...

続きを読む

初心者相手の投げ技の稽古

何度か書いているが私の沖縄空手の先生は稽古で投げ技を重視していた。自由組手で投げ技を多用するためのトレーニングではないく型から生じる一連の動作の結果、相手を容易に投げられる状態(≒死に体)にできているかということを検証するためだ。軽量や初心者への投げ技稽古は相手を倒すこと自体にはあまり意味がない。足腰がまだできていないのでパワーだけでも容易に投げることができるが、パワーで投げる癖がついてしまい、力...

続きを読む

技の多きを誇るなかれ ‐ 続・モチベーションの維持

前回、一般的な道場で多くの一通りの約束組手(攻防)のパターンを覚えると稽古に飽きが生じてくるという記事を書いた。初心を忘れてはいかん、と説教するのは簡単だが慣れたことに飽きがくる、というのは人間の自然な感情であるし、マンネリ化を招かないことは指導者の技量ともいえる。自由組手、さらには試合がある流派ならば勝敗を競わせることで稽古への参加、上達へのモチベーションは比較的容易である。かの芦原英幸先生も一...

続きを読む

モチベーションの維持

会員諸氏の技量が順調に伸びている。特に著しいのは入会二年弱のS君、W君、O君、M君達である。当初、体験参加の後に「難しそうなので自分にできるか不安です、入会してもいいのでしょうか」と問い合わせてきたものもいるが現在では先輩達にぐんぐん迫っている。多くの道場では会員維持には入会後1−2カ月が一つのヤマ、その後2年程度の時期にもう一回ヤマが来るという。入会後1カ月程度でモチベーションの低い会員が去る。そ...

続きを読む

身体の歪みと姿勢

身体の歪みについては何度か記事にしている。当会では新入会員への指導の多くは姿勢の歪みを指摘することからはじまる。ゆがみがあるのに人間相手の運動(ハードなものではないにせよそれなりに腰や背中に負担はかかる)を繰り返させると術の習得以前の問題で身体が壊れてしまうからだ。最近は会員が増えたおかげで、似たような身体の歪みを持った会員も複数いる。本日の稽古では新入会員のMA君の腰が反り返っているのを入会二年...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
64位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR