記事一覧

自由組手をはじめる時期

新入会員に自由組手を開始させる時期は会員によりまちまちである。フルコン空手などで鍛えたものならば入会当初から参加させるし、まったく初心からはじめた場合は1年くらい基本、型を繰り返すケースもある。開始の時期は私が上達度合いを確認して決めている。新入会員のО君は入会3カ月。華奢な体型で入会当初はまったく素人の動きだったが少しづつ型からくる姿勢の強さが出るようになっている。もちろん自由にスピーディな動きを...

続きを読む

型稽古と指導の「なぜ」?

当会の会員には大手流派の出身や有名な先生の指導を受けていたものも少なくない。なぜ辞めたのか?との問いに対する回答は大同小異である。「『こんな練習でほんとに強くなるの?』と感じるような指導が多く、質問しても明確な回答はなかった。先生は強い。でも先生の指導を守っている先輩のほとんどは先生のような技が使えない。このまま続けることに疑問を感じた」というものである。当会は沖縄空手の教室なので型稽古が中心であ...

続きを読む

自由組手‐前足を固定することの危険性

日曜の自由組手の稽古。SN君、前進できるようになったのはいいのだが一、二歩前進したところで前足が止まってしまう。口頭で注意してもなかなか矯正できないようなので私が相手になり、止まった前膝関節に擦るように蹴りを入れた(中国拳法でいう釜刃脚、もちろん力は加減している)。SN君もようやく前足を止めることの危険性に気がついたようだった。膝を前から逆方向に蹴ることはフルコン空手でも反則になるほど威力の大きい技だ...

続きを読む

空手の突きの威力

まだ以前の道場に所属していた時代、少なからぬ他流派の方たちが先生の道場に見学、あるいは体験参加されていた。空手流派にとどまらず、キックボクシングや合気道の経験者も少なくなかった。あるときボクシングをかなり長く修行された方が来られた。綺麗に背中から綺麗に伸びるストレートを鋭く連打されるのを見て学生時代のフルコン空手で素人コンビネーションを稽古していたことが恥ずかしく思えたものである。私も武道上達法研...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
52位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR