記事一覧

狭い場所での稽古

今週は例外的に平日夜に稽古を設けたが、いつもの稽古場所が確保できず、結果的に3畳ほどのスペースで6人が稽古することとなった。大きい型の稽古ができないため、二人組にして脱力の稽古を徹底的に行った。また、日ごろは時間をさけない座り技の稽古もおこなったところ意外に好評で「いつもと違った状態なので新たな発見がありました。またこのような稽古をお願いします」というリクエストももらった。私のお世話になった先生方...

続きを読む

自由組手不要論について

日本の古武道会で一時話題になった中国拳法のある流派では自由組手を行わないそうである。その理由を著書では「○氏○拳はなぜ自由組手を行わないか、あまりに威力が大きく危険だからだ」と説明されていた。この著者とは面識がある。確かに実力者だった。しかし「○氏○拳」を稽古する人はすべて強く、危険なほどの破壊力があるのだろうか?この武術の修行者が皆初心のうちから危険すぎて組手を禁じざるをえないほどの実力を備えている...

続きを読む

腋と肘の絞り − 引き手について

空手の基本稽古で「引き手が大事だ」と教わった人は多いと思うがどのように大事なのか教わった経験がある人は案外少ないようだ。サンチンの型で教わることは多い。引き手を活用して腋を締める、肘を絞ると言うこともその一つである。腋を締めることは多くのスポーツで重要とされる。簡単に思う人も多いだろう。単に腋を固めるだけでよければ懸垂運動なども効果があるし、ゴルフでは右腋を締めるための補助道具もある。空手の場合は...

続きを読む

フルコン空手と型

最近ではフルコン空手の道場でも型を指導するところが少なくないようだ。空手人の教養としてある程度型を覚えておくことは悪くないし、様式美を追求するため型試合にエントリーするのもすばらしい。しかし、現役バリバリのファイターがミットやウエイトを主体とした練習の傍らで神秘の力を求めて型の順番やこじ付け的な分解組手を稽古するのであれば期待したほどのご利益は得られないだろう。これはスポーツ試合を離れた「本当の実...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
79位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR