記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

基本の突きは腋を締めろ!は正解だが・・・

大学時代、フルコン空手の基本稽古でサンチン立ちから左右交互に突きを繰り出す練習を行った。「基本の突き技を繰り返す稽古は強いパンチ力をつけるために重要」という理由だった。その際の注意事項として体重を乗せることと同様に指摘させられたのが「腋を締めろ!」ということだ。体重を乗せることは力学的にも合理性があるが腋を締めることの重要性は納得のいく説明をしてくれた先輩はいなかった。私も含め、皆「基本だからなん...

続きを読む

実証

N君は会員歴二ヶ月、表演中心の武道の有段者だ。熱心に通っていたのだが残念なことに仕事の都合で4月から上京することになった。日曜の稽古ではわずかな時間であるが自由組手に参加させた。本来はまだ組手をはじめる時期ではないのだが4月以降は出席頻度が激減することはやむを得ないので経験させたのである。「前の流派で習った関節技なども使ってかまわないぞ」とも指示したが、自由に動く相手の手首を捕まえることは容易ではな...

続きを読む

天災、人災

原発関連のニュースを毎日見ている。地震、津波は天災だが原発事故は人災だ。原発も人間が創る工業製品である。完璧に近づけることは必要だが完璧なものなどありえない。だいぶ前になるが原発反対がブームになっていたころ(忌野清志郎が原発を茶化した歌を歌っていたころである)原発反対の署名を求められたことがある。原発は将来のエネルギーとして絶対必要と考えていた私は署名しなかった。専門家の説く安全性を鵜呑みにしてい...

続きを読む

武道本の読み方

自流、他流を問わず武道本やDVDなどを読むのは楽しい。特に古流系の本は理論は崇高なものを書かれていることが多い。また技術論(無駄な力を抜け、不要な動きをするな、基本を大事にしろ、など)も正論であることも多い。しかしながらある程度技を見る目ができてくると文章と写真のギャップを感じるケースがある。理論がすばらしくとも演武写真を見れば疑問符がつくことも少なくない。また、自他ともに認める実力のある先生でも...

続きを読む

サンチンの力

投げ技の稽古の際、「上手く投げよう」「強くなげよう」という意識を持つと上手く技がかからない。そのようなとき投げ技に入る前に軽く「サンチン」の動作を行うことで不思議と相手の身体が軽くなり、今までかからなかった技がかかることがある。当会会員の多くが体験していることである。個々の技術に関してはそれなりに理屈で説明する私であるが、なぜサンチンの型を行うと身体が安定し、技がかかりやすくなるのか上手く説明でき...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
58位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。