FC2ブログ

基本の突きは腋を締めろ!は正解だが・・・

大学時代、フルコン空手の基本稽古ではサンチン立ちから左右交互に突きを繰り出す練習を行った。「基本の突き技を繰り返す稽古は強いパンチ力をつけるために重要」という理由だった。その際の注意事項として体重を乗せることと同様に指摘させられたのが「腋を締めろ!」ということだ。

体重を乗せることは力学的にも合理性があるが腋を締めることの重要性については納得のいく説明をしてくれた先輩はいなかった。私も含め、皆「基本だからなんとなくこうしなきゃなんねえな」と言った感じで練習していた。

さて、自由組手になればほとんどの部員は腋を空けて大振りのパンチをはなっていた(顔面パンチ反則といったルール上の問題もあるのだが)。
それでもやはり「やはり基本なんだから大事なんだろうな」と漠然と皆考えていた。

基本の左右突き稽古は当会でも行う。その場合の注意事項は「身体をしゃくるな、腋が自然に締まるように」である。締めるのではなく「自然に」締まるのだ。

難しいことではない。まっすぐ立って肩から先の力を抜けば自然に腕はダランと下に落ちる。当然、腋も締まっている。突き技の稽古では拳は前方に向かって進むが肩の力は抜いたままなので腋は締まったままである。基本の突きで腋が締まることは武術の原則とも言うべき脱力とセットとして考えるとわかりやすい。

逆に言えばボディビル的パワーで打つことを基本とする流派の場合、必ずしも基本稽古での腋の締めを重視する必要はないように思える。
スポンサーサイト

実証

N君は会員歴二ヶ月、表演中心の武道の有段者だ。熱心に通っていたのだが残念なことに仕事の都合で4月から上京することになった。

日曜の稽古ではわずかな時間であるが自由組手に参加させた。本来はまだ組手をはじめる時期ではないのだが4月以降は出席頻度が激減することはやむを得ないので経験させたのである。

「前の流派で習った関節技なども使ってかまわないぞ」とも指示したが、自由に動く相手の手首を捕まえることは容易ではない。

演武のみの稽古の流派をされている方の中には「本当にこの技が使えるのだろうか?」と不安を感じている方が少なくないと思う。逆に言えば「ひょっとしたら使えるかも・・・」との期待も持っているのである。道場の組手は真剣勝負ではない。しかし、制約の中とはいえ実際に「動いてみた、使えなかった」経験は頭の中だけでのシミュレーションより意義はあると思う。

天災、人災

原発関連のニュースを毎日見ている。地震、津波は天災だが原発事故は人災だ。原発も人間が創る工業製品である。完璧に近づけることは必要だが完璧なものなどありえない。

だいぶ前になるが原発反対がブームになっていたころ(忌野清志郎が原発を茶化した歌を歌っていたころである)原発反対の署名を求められたことがある。原発は将来のエネルギーとして絶対必要と考えていた私は署名しなかった。専門家の説く安全性を鵜呑みにしていたのだが間違いだったようだ。

武道本の読み方

自流、他流を問わず武道本やDVDなどを読むのは楽しい。

特に古流系の本は理論は崇高なものを書かれていることが多い。また技術論(無駄な力を抜け、不要な動きをするな、基本を大事にしろ、など)も正論であることも多い。しかしながらある程度技を見る目ができてくると文章と写真のギャップを感じるケースがある。理論がすばらしくとも演武写真を見れば疑問符がつくことも少なくない。

また、自他ともに認める実力のある先生でも先生とお弟子さんの写真が明らかに異なる(先生は理にかなった動きをしているが弟子はどう見てもなれあいの稽古を行っている、など)場合がある。先生に「教える気」が問われるところでもある。

いかに優れた武道書でもあくまで参考書である。術理は稽古を通じて体得するしかない。

サンチンの力

投げ技の稽古の際、「上手く投げよう」「強くなげよう」という意識を持つと上手く技がかからない。そのようなとき投げ技に入る前に軽く「サンチン」の動作を行うことで不思議と相手の身体が軽くなり、今までかからなかった技がかかることがある。当会会員の多くが体験していることである。

個々の技術に関してはそれなりに理屈で説明する私であるが、なぜサンチンの型を行うと身体が安定し、技がかかりやすくなるのか上手く説明できない。ただ「できる」という事実があるだけだ。

投げ技の解析はできなくともサンチンの型を念入りに指導することはできる。型の奥深さを体験した会員諸氏は一層熱心に稽古を行うようになっている。

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また三木市稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア