記事一覧

技のキメ、とは何か?

先日の型の稽古中、新入会員K君より質問、「型のこの部分で技のキメを入れればいいんですね?」「ん?技のキメって何?」と私。沈黙するK君。 意地の悪い回答となったが「型(あるいは基本)のこの部分でキメを入れなさい!」といった表現は武道の技術書に多く見られる。しかし、具体的にキメとは何かについて流派を超えた定義はないと思われる。 キメの類語としてはトドメということになろうか。流派によっては投げた後に突き、...

続きを読む

幻の弧拳打ち

マンガ「空手バカ一代」のオープニングはニューヨークの暗黒街の一室、マス大山がまわりを囲んだギャングを一瞬で制圧する場面である。このとき両脇に立つ悪漢をKOしたのが弧拳打ちだ。弧拳打ち − 曲げた手首の外側を打ちつける技 大山倍達先生の書かれた技術書には弧拳にかなりの頁が費やされていた(ダイナミック空手、百万人の空手など)。実戦では正拳を握る暇がないので弧拳は有効な技となるといった説明だった。 フルコ...

続きを読む

小柄な者のジャンプ技

大学時代のフルコン空手で小柄な先輩と同期生がいた。身長164センチくらいである。二人とも運動能力は高かったのだろう。コンビネーションでは飛び後ろ回し蹴りのような難度の高い技を楽々とこなしていた。また高い位置にミットを持たせて連続ハイキックといった稽古もよく行っていた。小柄な者でも大きな相手を倒せるための練習ということだった。スピードはあり、難度の高い技ができたせいか昇級審査の点数は高かったことを覚...

続きを読む

柔道の「エビ」

柔道で俗に「エビ」と呼ばれる練習法がある。寝技のトレーニングとして一般的なものである。マンガ「1、2の三四郎」や「YAWARA!」でも紹介されているので柔道経験者でなくともご存じかも知れない。さて、空手、特に伝統空手しかスポーツ歴のない人は受け身が苦手というケースが少なくない。一方向への直線的な動きで腰椎の当たりをガチガチに鍛えているため背中の固さがとれないのである。タンスのような倒れ方をするため...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
64位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR