記事一覧

身体の中心と円運動 − 先生のご指導の記憶

私の空手の先生は天才型の武道家だった。言語感覚もまた長嶋茂雄型だった。ある日の稽古、サンチンの型の指導時に「まだ身体の中心ができておらん。しっかり身体の中心を創るように」と指摘された。その約三十分後、今度は基本の突き、蹴りの稽古時に「身体に中心を創っておる。身体には中心を創ったらいかん」と指摘された。稽古生が混乱していると「わからんのか!バカは強うなれんぞ!」と叱責されるのでとても質問などできる雰...

続きを読む

サンチンでの鍛錬とは

少し前のブログのコメント欄に空手指導員をされているhideさんとおっしゃる方から以下の内容の質問をいただいている。「長年、御ブログを見させていただいておりますが鍛錬形の意味がどうしても理解できません。私の道場では鍛錬は拳立てと腹筋を推奨しています。他流派であっても鍛錬型(サンチン)は必要でしょうか」hideさんが「鍛錬」と一般的な筋トレとの相違をどれくらい理解されているかはわからない。また、サンチンが必要...

続きを読む

自由組手 − 足を開く癖

昨日の午後は第二回武術的組手セミナー。会員のFさん、組手では常に前進を心がける。その意気はいいのだがダッシュする際に前足に後足が追い付かず結果として股をひらいた状態で連打を打つ癖がある。セミナーでは先生に間をとられた後、軽く男子の急所を打たれ、自信の悪癖に気がついたようだった(以前から口頭で指摘はされていた)。顔面ガードに比し、金的ガードが問われることは少ないが顔面以上に鍛えようのない部分である。...

続きを読む

サンチン − 下半身を鍛える、とは

一般的なスポーツ、特に若者なら足腰の鍛錬はダッシュやジャンプ、スクワットなどが中心だろう。逆に言えばダッシュ、ジャンプに必要な筋力を鍛えることで走力、跳躍力は増してくる。さて、中年過ぎれば悲しいことに鍛錬を続けてもやはり若年時のような走力や跳躍力を維持することは難しい。まして仕事の傍らの稽古であれば時間も限られ、補助運動に多くを費せない。ジャンプやランニングが無意味というのではない。むしろ衰えやす...

続きを読む

サンチン − 身体の質を変える

戸隠流忍法体術の初見良昭先生の著書で「痛み捕り」という技術が紹介されていた。相手の耳や腋下等の部分をつかみ、痛みを与える技術である。「体術が下手になるのであまり用いないほうがよい」とも注記されていた。鍛えた相手がこの程度で降参しないことを示唆されていたのだと思う。私の先生は不思議な身体をしていた。常人なら悲鳴を上げるような痛み捕りも背中や腕の肉がつかめないため、なかなか指が入ってゆかない。ようやく...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
79位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR