FC2ブログ

身体の中心と円運動 − 先生のご指導の記憶

私の空手の先生は天才型の武道家だった。言語感覚もまた長嶋茂雄型だった。

ある日の稽古、サンチンの型の指導時に「まだ身体の中心ができておらん。しっかり身体の中心を創るように」と指摘された。その約三十分後、今度は基本の突き、蹴りの稽古時に「身体に中心を創っておる。身体には中心を創ったらいかん」と指摘された。稽古生が混乱していると「わからんのか!バカは強うなれんぞ!」と叱責されるのでとても質問などできる雰囲気ではなかったものだ。

稽古後、先生が稽古場から出られた後によく後輩から先生の言葉の通訳を要請されたものである(現在も通訳役はいるのだろうか?)。私としても十分意を解せたわけではないが上の二点については以下のように解釈できる。

?サンチンの型の稽古中での「中心」とはハラがしっかりしていること。先生のハラはまるで鉄球でも入っているかのような固さだった。技の源としてのハラ、中国武術でいう「腰腹一体」を身につけるように指示されていた。

?基本稽古、移動稽古の際の「中心」とは一般的な言葉でいう「支点」に近い。コンパスで円を書いたときに円の中心となる針に例えられる。

多くのスポーツでは中心を重視する。ゴルフなどはその典型(スイング平面は中心点が必ずある)だ。格闘技も例外ではなく空手の蹴り技も右足で蹴るときには左足を軸に円運動を行うような術理が一般的だ。

この理論は理解しやすいのだが軸足を創ることは次に来る技を限定してしまう欠点がある。ゴルフなら止まった球を打てばいいし、野球でも球は前方からしか来ないので問題はないが空手等だと両手両足の攻撃に対処できないとならないのでバリエーションが多くなる。また体重の支える軸足自体を攻撃された場合ダメージが大きい。この意味で古流空手ではスイング式の蹴り技は多用しない。昔の沖縄にはムエタイ式の回し蹴りはなかった、という逸話をご存じの人も多いだろう。

先生は言葉よりも「感覚」を重視する方だった。饒舌な方だったがもし指導をそのまま活字にしていたらいたるところで混乱していたかもしれない。私の先生と同じような天才肌、言語感覚の先生の指導を受けておられる読者諸賢も少なくないと思う。その場合、むしろ言葉は忘れ、できるだけ先生と腕を合わせ、身体の感覚で先生の技を記憶し、再現したほうがベターだ。不立文字、拈華微笑。


スポンサーサイト

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

サンチンでの鍛錬とは

少し前のブログのコメント欄に空手指導員をされているhideさんとおっしゃる方から以下の内容の質問をいただいている。

「長年、御ブログを見させていただいておりますが鍛錬形の意味がどうしても理解できません。
私の道場では鍛錬は拳立てと腹筋を推奨しています。
他流派であっても鍛錬型(サンチン)は必要でしょうか」


hideさんが「鍛錬」と一般的な筋トレとの相違をどれくらい理解されているかはわからない。また、サンチンが必要なら独学でなく、誰か先生についてサンチンを学習したいとの由である。住居、サンチンを習う流派、どのくらいの期間での鍛錬を考えているのかなど未確認の部分も多いが以下私見を述べてみる。

回答(結論)から述べよう。

「サンチンで鍛えるといっても簡単ではありません。順番だけでなく身体の使い方、意識の持ち方を教えてくれる道場は多くはありません。さらに現行の流派と平行する場合、よほどいい先生につかないとサンチンを活用することは難しく、かえって身体の内部が混乱する可能性のほうが高いように思います。
ただ、よほどサンチンに興味があるなら自身でよいと思う先生を探し、一度入門してみるのもよいと思います。そのほうがご自身納得するはず。そして、もし1年やっても身体の変化がみられないようならその時点で見切りをつけたほうが無難です」


サンチンの型を一応は稽古する流派は少なくない。ただ、通常の筋肉(上腕筋など)をバルクアップさせたいのであればサンチンの負荷はたいしたものではないのでウエイトトレーニングのほうがよほど効果的である。拳立や腹筋が有効な補助運動となる術理ならばおそらくhide さんの道場も通常の筋力を重視していると察する。

少し以前になるが新記録を出したある水泳選手がサンチンを稽古するのをテレビでみた。ハラは凹み、突きの位置は高すぎ、腋も空いている。稽古されていることは素晴らしいが少なくともテレビ撮影の時点ではサンチンはできていないと思える。新記録を出したとしてもサンチンと記録とは直接関係ない。新しいものを求める真摯な姿勢は称賛されるべきであるが、その時点ではサンチンはイメージトレーニング以上の効果はなかったと思われる。通常とは異なる特別なトレーニングなどがスポーツに好効果を及ぼすことは確かにある。新興宗教信者の選手が「今回のメダルは○○先生のおかげです」と発言する記事は宗教の機関誌では頻出する。本人は信心すればそれでよい。しかしその宗教が誰にでも効果があるとは言えないだろう。

サンチンは「サンチンを基本とする流派」の術理に沿った身体を創り上げるためのものである。サンチンでなければ鍛えられないというものではないだろうし、サンチンをせずとも鍛える(鍛え方は異なるが)ことはできる。ウイリー・ウイリアムスは超人的に強く、鍛えられていたがその鍛錬はサンチンと関係ないように思われる。

0:57 くらいのところでサンチンを行っている


型の順序は鍛錬とは関係ない。サンチンは単純な動きなので1−2回の出席で順序はマスターできる。しかし、サンチンを中心に稽古する当会でも2年くらいサンチンを続けても未だに細部の調整は必要なケースがほとんどだ。

初心者のサンチンを調整する


以前のブログ記事、参考までに 

サンチンでの鍛錬は簡単ではないし、即効性もない。だからこそ興味もわく。

(サンチンの解釈等は流派により様々です。上記は私の教わった流派、私が教わった時代の考えがベースになっています)

自由組手 − 足を開く癖

昨日の午後は第二回武術的組手セミナー。

会員のFさん、組手では常に前進を心がける。その意気はいいのだがダッシュする際に前足に後足が追い付かず結果として股をひらいた状態で連打を打つ癖がある。セミナーでは先生に間をとられた後、軽く男子の急所を打たれ、自信の悪癖に気がついたようだった(以前から口頭で指摘はされていた)。

顔面ガードに比し、金的ガードが問われることは少ないが顔面以上に鍛えようのない部分である。狭いスタンスには金的ガードの意味もある。禁じ手の多い組手では押し負けまいと相撲のように大股開きになることも少なくない。

誤解を招きかねない表現だが昨日のセミナーは「如何にラクに勝つか」が主なテーマだったように思う。運動量はたいしたことはないはずだが終了後の疲労感は相当なものだ。ラクに勝つためには日ごろのキツイ稽古で技術も頭も鍛える必要がある。

サンチン − 下半身を鍛える、とは

一般的なスポーツ、特に若者なら足腰の鍛錬はダッシュやジャンプ、スクワットなどが中心だろう。逆に言えばダッシュ、ジャンプに必要な筋力を鍛えることで走力、跳躍力は増してくる。

さて、中年過ぎれば悲しいことに鍛錬を続けてもやはり若年時のような走力や跳躍力を維持することは難しい。まして仕事の傍らの稽古であれば時間も限られ、補助運動に多くを費せない。

ジャンプやランニングが無意味というのではない。むしろ衰えやすい部分こそ老化防止のトレーニングは必要だ。ただ、できるだけ長く使える武術、という観点からは衰えが著しい部分に重点を置くのは効率的ではない − 特に壮年の稽古者の場合は。当会では下半身の鍛錬も基本はサンチンの型となる。

当会の新入会員はジャンプやスクワットで下半身を鍛えた者でも入会後しばらくはサンチンを数回行えば足腰が立っていられないほどブルブル震えだすことがある。彼らの筋力がないのではない。従来のトレーニングでは鍛えていない部分が刺激されるのである。少なくともその部分の鍛え方はまったくの初心者と大差ない。解剖学的にどう説明できるかは不明だが大きい筋肉の継ぎ目にある小さな筋肉とでも言うべき箇所だろうか。

この小さな筋肉は鍛えるのに時間はかかるのだがいったん鍛えれば少々のブランクでは衰えない利点がある。バーベルスクワットなど若年時でもしばらくトレーニングを休めば一気に逆戻りした経験を持つ人は少なくないはずだ。サンチンは特に器具もいらず、長持ちする下半身を養成できる。さらに呼吸や拳、受け技の基本も短い型に収まっている。先人の遺産に感謝である。





サンチン − 身体の質を変える

戸隠流忍法体術の初見良昭先生の著書で「痛み捕り」という技術が紹介されていた。相手の耳や腋下等の部分をつかみ、痛みを与える技術である。「体術が下手になるのであまり用いないほうがよい」とも注記されていた。鍛えた相手がこの程度で降参しないことを示唆されていたのだと思う。

私の先生は不思議な身体をしていた。常人なら悲鳴を上げるような痛み捕りも背中や腕の肉がつかめないため、なかなか指が入ってゆかない。ようやくつかめたところで軽く腕や背中を動かすだけで「ツルッ」と指がすべり、外されてしまう。肉がないわけでなく、むしろやや太り気味の体型だったのだが皮膚も肉もつかみにくい。サンチンの稽古で身体の質が変わるとの説明だった。

私の場合、会員に「つかみにくい身体ですね」とは言われるものの先生のように軽く腕を振っただけで外れるというほどのレベルではなく、サンチンの姿勢をとるとやっと外れるというレベルである。まだまだ身体の質を改善する必要ありだ。

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、三木で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア