記事一覧

続・セミナー 

昨日はI先生をお招きして第三回武術的自由組手セミナー。私が都合により参加できなかったので思い切って古参会員のSS君にセミナーの幹事をまかせてみた。「先生はすごいエネルギーでひたすら少し組手をしては解説を繰り返されるのでなかなか休憩をお願いするタイミングがわかりませんでした」とSS君の弁。理論も実技も両方示してくれる先生は多くないだろう。事後、会員のレベル向上を先生からも連絡いただいた。ハイレベルな組手...

続きを読む

前蹴りに対する下段払い受け

約束組手 − 離れた位置からの単発前蹴りを下段払いで受け、突きや回し蹴りで反撃する。フルコン、伝統派を問わず多くみられるパターンと思う。大学のフルコン空手クラブで最初に教わったのが相手の左前蹴りに対する反撃法(サバキ)だった。お互いにオーソドックス(左足前)に構えた状態から相手が前足(左足)で前蹴りをしかけてくる。こちらは前手(左手)で相手の蹴りを受け流した後に反撃するというものだ。大学で教わった...

続きを読む

重みは常に下 − 崩されにくい身体を創る 

一昔前の剣道家の写真などをみると下半身にどっしりとした安定感が感じられる。現代の高校剣道や高校空手の稽古などを見ればフットワークを重視するせいか足もとが軽く見えることが多い。当会はいわゆる筋トレはほとんど行わないが補助運動としてお互い相撲のように組合った姿勢から押し合う稽古などをたまに行う。押す力を鍛えるためではない。常に重心が下がったままの体勢をつくる稽古である。柔道でも空手でも技量伯仲の場合、...

続きを読む

力を抜いた稽古と軟弱な稽古

当会は入会間もない会員には「とにかく力を抜け」と指導する。以前にも記したが脱力が基本である。ある程度厳しい他武道(フルコン空手など)を経験された方は「こんな軟弱な稽古で本当に大丈夫なんだろうか」という疑問が生じる。私も長く同じ疑問を持っていた。そう、軟弱な「だけ」の稽古ではダメなのだ。3か月もすれば力を抜いて稽古することが実はキツイ稽古につながるということがわかってくる。一部の古流系や中国拳法を数...

続きを読む

叱る?褒める? ・・・ モチベーションと厳しさ

私は最初はあまりモチベーションは高くなかったのですが、講師が小さなことでも褒めるので嬉しくなって途中から自分でも意外なくらい真面目に勉強しました。最初はやる気のなかった者のやる気を出させた、「褒める」はモチベーションの維持の点で効果的な指導力の一つだと思いました。 以上は以前のブログに読者のしまさんからいただいたコメント。褒めることがモチベーション向上につながることは事実だろう。あまり褒められたり...

続きを読む

子どもにできて大人にできないことは確かにある

「子どもってすごいなぁ」と感じられたことはないだろうか。一例が語学。子どもは外国に住むと簡単にその国の言葉を吸収する。大人は海外に長く住んでも買い物程度の日常会話やっとこさという人も少なくないし、発音や語順等でどうしても母国語の癖が出てしまう。逆説的に言えることは「大人に対しての学習法と子どもに対するものとは異なる」ということ。子どもはその身体自体が乾いたスポンジが水を吸うように与えられたものを何...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
62位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR