FC2ブログ

なぜ約束組手は大きく突くのか - 約束組手と崩し

一般的に空手道場では約束組手に多くの時間を割いている。

現在では下半身をどっしり構え、大きな突き技に対する約束組手を行う道場は減ってきているのではないかと思う(特にフルコン流派)。現在の約束組手の主流は以下のようなものだろう(2:15くらいから約束組手がはじまる)。




実際の組手はファイティングポーズからはじまるので約束組手もファイティングポーズから開始する、という発想だ。ここでは便宜上この種の約束組手を「実戦タイプ」と分類する。

ちなみに従来型の約束組手は以下のようなものだ。便宜上「伝統タイプ」と分類しよう。



実際に使う技を身体に覚えこませるという意味では実戦タイプは合理的な考えである。私が大学のフルコン空手で教わった約束組手もこのようなものだった。

沖縄空手の先生も約束組手を重視されていた。こちらは伝統タイプに近いものだった。

なぜ伝統タイプのような約束組手が生まれたか?についてはいろいろ仮説がある。極端な説では「昔の沖縄人はスピーディなパンチを知らず、四股立ちや前屈立ちのまま片手づつ相手を殴っていた」というものまである。多少の民族性の違いはあるだろうが本能にまかせて殴る、蹴る、取っ組み合うといった動作を行うなら素手でのリアルファイトにそれほどの違いがでるとは思えない。

明治の講道館柔道でも重視されたように相手に技をかける際には「くずし」という作業が必要になる。投げ技のみではない。打撃技でも相手の体勢が崩れた際(「虚」にされた状態)に打撃を与えればより相手に効果があることは多くの空手家が経験しているだろう。空手の場合、衣服をつかむ技を多用しないので崩しをかけるにも力任せでなく「間」をとる手法が大事となる。

実戦タイプの約束組手は崩れやすい(「虚」になりやすい)。総合格闘技で打撃系しか経験のない選手が簡単にテイクダウンを取られることからも理解されよう。

伝統タイプの立ち方(四股立ち等)の長所は崩されにくいことである。伝統タイプの約束組手は崩されにくい身体を創り、また崩しにくい相手に技をかける稽古をつむことで相手を虚にする稽古ともなる。インスタントに実用化はできないが型で創った身体の検証、相手を虚にする術の反復練習だ。

逆に言えば簡単に崩れるような伝統タイプの約束組手を行っている場合、稽古方法か立ち方自体が間違いの可能性がある。近年のフルコン空手界が伝統タイプの約束組手を行わないようになっているのはこのことを直感的に理解しているのだろう。
スポンサーサイト

宮本武蔵

日本人でこの小説を知らない人のほうが稀だろう、特に武道に関心のある人なら。

ただ、私の周囲では「途中で読むのをやめてしまった」という声が多い。昭和30年代以降に生まれた人で全巻通読した人は意外に少ないように思う。私も学生時代に全八巻の文庫本を三巻の途中くらいまで読んでやめてしまった。大御所の代表作に対し申し訳ないが最初は引き込まれても三巻くらいで読むのが億劫になってくるのである。

後年、海外在住時、日本の活字に飢えていたときにようやく全巻通読した。読み進んでゆくと七巻くらいからまた面白くなり、最後のあたりは引き込まれる、やはり名作である。

連載は、最初は200回「くらいの約束で」連載を始めたが「作者の意気込み、読者、新聞社の熱望で」5年がかり、1000余回の大作に発展していった(講談社文庫第8巻 裏表紙)。
(Wikipediaより)

クライマックスの巌流島は当然ながら有名な「若き日の武蔵が柿の木に吊るされる」「土蔵で三年間教養を磨く」「仕官を辞するにあたり墨絵を描く」などのシーンは冒頭と最後のあたりに集中している。

延長の結果が中だるみになったのであれば残念。



テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

空手の目的

都内某所におけるある空手の型(サンチン・ナイハンチ)セミナーのキャッチコピー

「空手は、あなたの心や身体の動きを素直に表現できたり今のあなたを見つめ気づきを与えてくれる伝統的な武道です」

?????

心や身体の動きを素直に表現するならダンスのほうがすぐれている。

自分を見つめ気づきを与えられたいのなら宗教でもすることだ。

空手のセミナーなら空手の技術指導ではないのか。

流派名は出さないでほしかった。この流派に誇りを持っているものもいるのだ。

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

鍛錬型としてのサンチン

なんども述べているが型は順番よりも中身である。サンチンのようなシンプルな型を少しづつ追求すればその意味を理解しやすい。当会会員のT君が自身のツイッターでよくまとめて説明しているので紹介する。T君は大手フルコン空手の有段者、熊のような体格をしたパワーファイターだ。

本年2回めの稽古。土曜日は某武道場にて。稽古後、仕事場にいるが、身体があちこちプチ筋肉痛。足はもう完全にキテル。ジャンピングスクワット150回級だ。サンチンの型の検証が終了した前半で、かなりパンパンだったからな…。
稽古出席回数は20回ほどだが、サンチンで身体に張りを覚えるようになったのは、ここ数回のことだ。要は、始めて間もない頃は負荷すら感じることが出来なかったということか?それが感じられる身体になってきてるってことだ



入会当初は「型の順番を覚えるのが型の稽古」であるかのようにほとんどの者が思ってしまう。DVDで順番を覚えるのも結構だがあくまで初心者が順番を覚えるための予習、復習と考えたい。

正しく指導を受ければ型の中身により深い意味があることを自覚できるまでにそれほど時間はかからないはずだ。「大事だ!そのうちわかるようになるから黙ってやれ!」と強制するのではなく稽古に参加するうちに自覚してくるのである。サンチン持つ鍛錬型としての意味もしかり。

順番はすぐに覚える。中身を理解するのには有る程度の時間がかかる。もっとも真面目に一年稽古しても自覚できないとすれば多くの場合指導者側の知識の欠如か、教える意欲がないことが原因のようにも思える。

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

サンチンからの展開

今日の稽古ではSS君にサンチンから応用型への展開を指導。

SS君は流石に古参会員だけあって術理をよく理解している(頭では)。身体に癖があり長くサンチンがなかなかきまらなかったが最近はかなりハラもできており、重心も落ちている。

さて、サンチンはできてきているのだがパッサイやクーサンクーなどの応用型になると背中を曲げたりお尻を突き出っすといった昔の悪い身体の癖がまだまだ出てきてしまう。サンチンをするときには下半身の無駄な力が抜けている。しかし動きの大きく、スピードも要求される応用型になると下半身の無駄な力を抜く、といった重要な点を身体が忘れてしまうのである。

応用型は難しく感じるかもしれないが所詮型である。自分のペースで身体を動かせばよい。型で身体が思うように動かないということは自分のペースで身体を動かせない状況(自由組手や本当の実戦)でまったく身体が思い通りに動かないのも無理はない。

サンチンは身体を創る素晴らしい型である。身体創りは絶対に必要だ。しかし身体創りだけでは武の目的とはならない。

正面打ちと正中線

私の空手の先生は居合の腕前も高手だった。型や試し切りにとどまらず実際に剣道有段者と竹刀、木剣を合わせても相手の間を制していた。

あるとき先生が「古流の剣術は一刀流系が好きやなぁ」と言われたことがある。私は剣はほとんど経験がないが書物等で現代剣道の源流は一刀流(特に北辰一刀流)との知識は持っていたので「一刀流はスポーツの剣に近かったのではないですか?」と質問した。

先生がおっしゃるには一刀流は剣を真ん中に打ちおろし、正面打ちの身体をしっかり創る。武道として剣体一致した身体を創るにはこの稽古がよいとのことだった。明治以降の剣道でも達人は出ている、スポーツ化したのは面打ちという稽古そのものの問題ではないともおっしゃった。ちなみに先生は小手打ちをよく使われていたが「小手に当てに行く」というより「身体がまっすぐ相手に入ってたまたまその前にあった腕を切った」ように見えた。

武道に興味のある人なら正中線という言葉をご存じと思う。簡単に言えば脳天から股下まで、身体の真ん中のことだ。ハラを落とし、両手の力を抜いて正中線上に自然に置けば身体の力がよどみなく手を通じて伝えることができる。

初心者のうちはインスタントなスピードやパワーに頼るあまり身体を捻って使いたがる。もちろんただぼーっとまっすぐ立つのは本当の素人の立ち方である。正中線ができればまっすぐ立っても姿勢に力がある。

昔の合気道や空手の指導書では正中線をとることを強調していた。逆に言えば簡単にとられないほどの正中線を創る必要があったということか。

武術セミナー -  鋼鉄のムチ

今日はI先生をお招きして今年第一回目の武的組手セミナー。

I先生のセミナーは手首を持たれたらこう外すとか、中段を突いて来たらこう受けるとかいった約束事(先生は「武術ショー」と呼ばれる)への考慮はまったくない。武術のセミナーである。3時間半のセミナー中2時間半くらいは自由組手に費やした。

私も当会会員達と同様、一生徒に戻りセミナーを受講。先生と立ちあうが先生の打ちを一発目は受けれる(というより怪我のないようにわざと外して打たれる)ものの二発目、三発目が直撃すればカスリ傷ですまないことが身体でわかる。自然と及び腰になり、連打を打たれる前にヘナヘナと腰砕けとなる。先生の腕の振りは鋼鉄のムチのように迫るので受けても受けた手自体が痺れるのである。古の剣の達人が竹刀を一振りもしなくても相手を道場一周分後退させた逸話を思い出す。

その後に私と当会会員達との組手。先生ほどの威圧感がないためある程度余裕を持って攻撃する。先生曰く

「キミは相手を痛めつけないと勝てん、まだまだのレベルやなぁ・・・・」


テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

サンチン - 腕が締まる

今日は今年の初稽古。出席9回目のF君がかなり身体の力が抜けるようになっており、ようやく武術入門開始である。

F君よりサンチンの型の突きについて質問、「僕もかなり腕がまっすぐ出るようになったと思います。次は締めを入れればいいんでしょうか?」

私の回答「脱力してまっす出るようになってきているのだから締めるとかゴチャゴチャ考えずに力を抜いて型を続けていればいい。本当にまっすぐなら自然に締まるようになる。サンチンの突きは締めるのではなく締まるのだ」

答えたのち私の前腕を触らせた。「カチカチに締まっているんですね!」とF君。ちなみに当会有数のパワーファイター、工場で毎日力仕事をしているN君の腕を触ってみると腕の外側は締まっているものの内側はまだ柔らかい。

サンチンは通常の筋トレなどでも鍛えにくい細かい筋肉を締める効果がある。私の空手の先生も腕を締めれば鋼鉄のようだった。私の締りなど先生の腕を合金のハンマーとすればまだまだ木槌程度のものだがサンチンの締り、絞りは分かってもらえたようである。

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

ブログを引っ越しました

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今年より更新はこのFC2ブログにて行うこととなりました。旧ブログの過去記事は引っ越しはできたのですがカテゴリ分けができておらず、旧ブログからの記事は「旧ブログ記事」と一括してカテゴライズされています。新規投稿に加え徐々に旧記事の整理も行っていくつもりです。

ブックマークされていた皆様はお手数ですが以下のURLを追加登録お願いいたします。
http://jyoutatsuhou.blog.fc2.com/

これからも一層のご愛読のほどよろしくお願いします。

古流修行者 拝
プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、三木で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
592位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
43位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア