記事一覧

東京稽古会 参加された方の感想

今年4月から東京稽古会がスタートおり、先日ブログで公開したところ早速体験参加の希望をいただきました。規模の拡大が目的ではありませんが稽古仲間が増えるのはうれしいことです。リーダ宛にいただいた体験参加時の感想を両氏了解のもと以下記載いたします。Kさん(空手歴10年以上、沖縄空手、フルコン空手)先日の体験稽古参加させていただきまして、ありがとうございました。目から鱗がおちるような経験でした。Nさん(中...

続きを読む

指導料が高いから優れた指導とは限らない

若い頃、中国拳法を習ったことがある。中国武術はイカサマなものも多いと聞くが私の教わった先生は本物の実力を持った実戦派の方だった。ただ、月謝は非常に高額だった上、やれTシャツだ、防具を買うことになったからカネを出せ、と費用のかかる教室だった。結局お金が続かず短期間で辞めてしまった。否、高額でも指導が丁寧で出席のたびに上達が感じられればもう少し続いたかも知れない。しかし、比較的早期に「この先生はお金は...

続きを読む

今見る「柔道一直線」

懐かしいドラマ、久しぶりにDVDで見た。近藤正臣が足でピアノを弾くシーンは有名だがそれ以外にも熱血爆笑シーンは続出、問答無用の強引な展開、荒唐無稽な必殺技は楽しめるのでついつい見てしまう。当時の小学生は二段投げや地獄車を同級生にかけて遊んだものだ。地獄車は自分の力だけでは相手を回転させられないので相手の協力が必要だった。相手の協力が必要な必殺技は今にして思えば柔道というよりプロレスだな。柔道一直線...

続きを読む

サンチン - 締めることの難しさ

サンチンの型は身体、特に腕を「締める」ことに特徴がある。よくある間違いが「締める」ことと「固める」ことを混同してしまうことだ。もちろん締めれば腕はカチカチに固まるのであるが単に腕を固めるだけならば筋トレでも可能だ。沖縄空手の先生には「サンチンは力を抜け、とにかく力を抜け」と指導された。先生の腕はサンチンのときにまるで鋼鉄のように締まるので当時は戸惑ったものだった。初心者がサンチンで締めようとすると...

続きを読む

応用型の習得 - 型の稽古時に相手を想定「しない」こと

入会半年くらいがすぎたT君、F君に応用型「クーサンクー(公昭君)」を教えはじめている。クーサンクー、猫足立ち、蹴り、手刀打ちなどを多用する型サンチン、ナイハンチに比べると格段に長い型で両君とも覚えるのに手間取っている様子だが流派によってはスーパーリンペーや四十八式太極拳のようにもっと長い型もある。当会では型の順序を覚えるのは五つの型しかない。最初は難儀かも知れないが順序はそれほど難しくないことがすぐ...

続きを読む

なぜサンチンの突きは力を抜いて突くのか

沖縄空手の先生のサンチンは柔らかさの中にも力があり、胴は大木のように安定し、突ききった後の拳は鉄球のごとく固かった。世間一般の型の解釈で多く見られるのが「サンチンは鍛錬型だ。だったらガチガチに力を入れなければ」といった感じのサンチンだ。鍛錬と筋トレは別モノである。先生は「サンチンは柔の型。力の抜き方を覚える」と仰っていた。なぜ、サンチンはゆっくり突くか?素早く突くと筋力からくるスポーツ的なスピード...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
70位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR