記事一覧

サンチンでの鍛え方について

サンチンで鍛えることについては何度か記事にした。一般に知られているのはサンチンの型の動作や呼吸のたびに肩や背、腹などをバシバシ叩きあげて打たれ強い身体を創るというものだ。正しい指導を受けて行うのであれば有効な方法と思うが初心者には無理がある。初心者にいきなり姿勢や呼吸で身体を締めろ、といっても普通は無理だろう。結果的に単なる筋力で身体をガチガチにしてしまうケースが多い。大学時代のフルコン空手でもハ...

続きを読む

荒業!! 貫手タタミぶち抜き!?

学生時代の飲み会は楽しい思い出だ。大学時代のフルコン空手クラブも酒好きが集まっていた。大学の宴会ともなれば芸の一つも出てくる。「貫手畳ぶちぬき」もその一つ。もちろん出自は映画「四角いジャングル」で紹介された真樹日佐夫師範の荒業だ。「オス!!一回生○○! 貫手畳ブチ抜き!やります!!」この言葉を叫び部員の一人が壇上に上がる、他の二人の部員がその前に畳・・・ではなく新聞紙を広げて構える。畳を使わなかった...

続きを読む

ウエイトトレーニングをなぜやめられないのか

以前のブログで古流をあきらめかけたとき、一時ウエイトトレーニングを中心に行っていたことを紹介した。ジムに通うと以外に多いのが「学生時代に格闘技をやっていた、社会人になり強さが衰えることを防止するためにウエイトをはじめた、だんだん身体ががガッチリするのが楽しくなり強くなることよりも強そうに見えることのほうに興味が移っていった」という人たちだった。私も少しづつ重たいバーベルが上がるのが楽しくなり、当時...

続きを読む

両足を使う - 軸足を固定することの問題点

武道上達法研究会で指導するようになって膝が左右いづれか一つしか曲げられない人が多いことに気付いた。もちろん膝を怪我したり、障害を持った人ではない。意外に思えるだろうがスポーツ武道をやってきた人に多い。もちろん普通に走れるし、ジャンプやスクワットはできる。しかし立ったまま両足とも力を抜いて膝を曲げ、身体を移動させるることができない。スポーツをやった人は片足を軸足にする習慣がついてしまっているのでコン...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
64位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR