FC2ブログ

山嵐 (今野敏 著)

今野敏師範の武道小説は面白い。ご自身でも空手指導をされているだけあって「ありえる話」と「ありえない話」の境界を上手く保たれていると思う。

もっとも愛読するのがこの「山嵐」。講道館の西郷四郎をモデルとした小説は「姿三四郎」があまりに有名だが、本書での西郷四郎は姿三四郎ほど超人でなく、武術からスポーツへとの変遷の中で柔道の実戦性に悩む姿が実在の西郷四郎に近かったのではないかと思わせる。西郷四郎が単なる柔道バカでなくその人間的魅力がむしろ講道館を去ったあとにあらわれているところも興味深い(史実もそうだったようだ)。

西郷四郎 VS 武田惣角、西郷四郎 VS 李書文などの対決はフィクションだが「あるいは?」と思わせるようなリアリティもあり娯楽性も十分。また、本書の嘉納治五郎は決して人格者ではなく結構打算の鋭いニッポンの教育者として描かれているのだがラストの恩讐を超えた四郎との再会シーンはただ感涙。





スポンサーサイト

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

天の型、地の型

「先生の教わった流派には天の型、地の型というのがあるのですか?」と質問を受けた。古参会員には指導した記憶もあるが正直言ってあまり重視はしていなかった。

天の型、地の型は空手の型というよりむしろ移動稽古に近いものである。
SA3A0059.jpg不動立ちで準備SA3A0060.jpg四股立ちになり受け技SA3A0061.jpg引き手を引きつつ逆突き

以上の動作を今度は左右逆にして行う、その繰り返しだ。すなわち上のように受け技→突き技 の稽古が天の型である。ちなみに地の型は突きが蹴りに変わったものと思っていただければいい。

SA3A0057.jpgそのまま約束組手にもなる

位置づけとしては日本空手協会の「太極の型」に近いものであり、型や移動稽古にすすむ前段階といったところだ。日本空手協会や極真会館でも有段者で太極の型を重視する人は少ないだろう。

この型を稽古するメリットはある。比較的安定させやすい四股立ちを用いるので下半身の安定していない初心者でも流派の受け技、突き技の特徴‐両手を有機的に使うこと‐を覚え易いことだ。逆に言えばある程度下半身ができれば限られた稽古時間では優先順位が落ちてくる。

まったく空手経験のないものに空手らしい動きを覚えさせるという効果はあるが、下半身ができていないものにこの技を練習させすぎると却って居つき癖をつける懸念がある。上半身と下半身が悪い意味でバラバラの動きになってしまう。

沖縄空手をはじめたとき、先生がこの型を示範してくださった。示しながら先生は「あれ?しばらくやっとらんせいか、ワシもこの型が下手になっとるなぁ。まあこの型はそんなに練習せんかったからなぁ」と仰ったことを覚えている。

下半身を鍛える、ということ

現代武道、実用武術を問わず下半身の鍛練は大切だ。ちょっと組みつかれただけで簡単にくだけてしまうような腰ではいくら高度な術理を唱えても使い物にはならないだろう。

ただ、普通の体力、体格の空手家がスクワットなどで少々下半身を鍛えたところで本格的に相撲、柔道を修行したものに組みつかれては簡単に倒されてしまうだろう。相手のパワーを受け止めるというより吸収するような足腰の強さが求められる。

指導者によってはより負荷の高いバーベルスクワットで鍛えるという選択肢を推奨するケースもある。重いバーベルをかついで足腰を鍛えるのは筋力増大には効果が高いが弊害も考慮せねばならない。古流で戒められる「居つき」を日常化してしまう懸念があるのだ。常に足に力を入れ踏ん張るため、下半身の力を抜くことができなくなってしまう。

古流と並行して競技武道を稽古する場合、ある程度力まかせに押したり組んだりすることへの対処が必要になることはやむを得ない。その場合でもサンチンのように下半身をゆっくり動かし、練り上げる稽古を平行して行い、踏ん張り癖、居つき癖をつけないことが肝心だ。

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、三木で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア