FC2ブログ

初心者コース・小手返し

当会で「初心者コースの小手返し」と呼んでいる稽古法がある。特に奇をてらったものではなく、合気道などでいう普通の小手返しである。まっすぐ立っている相手に大きく腕をまわして小手返しをかける。かけられるほうは抵抗せず受身をとる。高いところから投げ落とすわけでも限界まで手首や腕をひねりあげるわけでもない、老若男女誰でもできるような稽古だ。初心者コースの名が示すとおりである。

P2250663.jpg投げる手前の状態

P2250662.jpg失敗例 腕のみで技をかける状態になっており、姿勢が崩れて窮屈になっている



なんだ、それだけのことか、と思われるだろう。しかし、受けをとるほうは抵抗もしない代わりに自分から倒れることもしない。もちろん力まかせに振り回して技をかけるようなことは禁じている。ゆっくり手首、腕、身体と関節をきめてゆく。簡単に見えるだろうが合気道や少林寺拳法の経験者でもゆっくりとした動きで技をかけるのは案外難しいようだ。

いくら手首を痛めつけてもそれだけでは相手は倒れない。流派によっては腕を折らせる代わりにもう一方の手で反撃し、相手に致命傷を与えろ、と指導しているところもある。身体が崩れていなければありうることだ。

手首や腕でなく胴体を崩す必要があるのだ。なまじ経験者だと少し手首がきまっただけでサービスのつもりか、ジャンプして受身をとる人もいるが当会ではそれは厳禁としている。

初心者が効果のない技で受身をとるのは難しい。また、無抵抗の相手にかけることのできない技なら抵抗する相手にかかることはありえない(はずだ)。初心者用の稽古としても侮ってはならない。
スポンサーサイト

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

術理が理解できてからが稽古

本日の指導は比較的古参会員が多かったので応用型(パッサイ、セイサン)を中心に稽古。私の教わった流派では基本の術理はほぼサンチン、ナイハンチで説明されているので応用型といっても技の発動形態が少し異なるだけ、術理は特に難しいものではない。

本日参加の会員諸君も自由組手ではかなり術理に添った技が出せるようになってきている。ただし、相手のレベルが高くないという前提条件付き。鍛えた相手、あるいは闘争本能が強い相手はこちらに都合よく動いてくれないのだ。

術理を覚えることが目的となる流派、道場もあるようだが武術修行なら術理は覚えて当たり前であり、その次の段階では覚えた術理をよりレベルの高い相手、鍛えた相手、闘争本能の強い相手にも掛けられるように術を磨かねばならない。

ある程度術理を覚えれば約束組手では素人に「おおっ!」と言わせるような技術を示すことができる。しかしそれだけでは武術パフォーマンスにすぎない。術理を理解してからが真の稽古だ。自由に動く強者相手に術理にかなった技をかけることは難しい。難しいから日々稽古する。

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

武の悩みは武で解決する

稽古生との飲み会の数を増やせば親睦が深まり、道場への忠誠度が高まると考えてる人がいる。

いくら飲み会が楽しくとも技量が上達しなければ道場に通うのは楽しくないだろう。否、酒好きでない人間にとっては億劫な飲み会でますます道場への足が遠くなる可能性もある。飲み友達を探すために稽古に通う人は別だが技量上達のために道場に通う稽古生にはまず技量を上達させることが必要になる。酒席で道場への不満を解消させようとするのは仕事で悩んでいる部下を酒やカラオケに誘って悩みを解消させようとする体育会系オヤジ管理職と同レベルの発想だ。

酒やカラオケがまったく無意味とは思わない。酒席だと本音が出やすいし「パーっと騒いで」気分が紛れることも確かにある。しかし抜本的な解決にはならない。一例をあげれば会社で希望した職種につけず不満を持っている部下がいるのなら 

①希望の職種につかせる 
②希望の職種につけないことを納得させる 

の二つしか解決策はないだろう。酒やカラオケで解決する程度の悩みならほおっておいても解決する悩みだ。酒席で親睦をはかってます、というアピールは抜本的な問題解決手段がないことを隠蔽するのには効果的かもしれない。

道場においても上達しないことで悩んでいる稽古生がいたら

①上達させる
②武道に不向きなことを納得させる

しか解答はない。
いかに①の解決手段をとるかが指導者の力量の問われるところだ。飲み会と上達とは関係がない。

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

型「パッサイ」 - 上げ受けの考察

型「パッサイ」には最初の段階で猫足立ちや四股立ちから 右上げ受け → 左鉤突き上げ(アッパーのような打ち方)をする動作がある。右受け→左突きの動作は三回続けて行う。


猫足立ちで上段上げ受け猫足立ちで上段上げ受け

拳を下から上に上げ打つ猫足で一歩移動し、下から上に小さく拳を突き上げる



パッサイは組手に役立つ技法が隠されていると教わった。するとこの動作に疑問が生じる。なぜ右利きが多いのに右手で受けて左手で突くのだろう?左利き用の型か?否、蹴り技は右足のみを稽古する。

さらに言えば上段上げ受けという技術自体が実用技とは言い難い。顔面への突き技を跳ね上げて受けるほど余裕があるのならもっと自然によけ、右手は相手にパンチを打ち込むために使ったほうがよい。ちなみに大学のフルコン空手では上段受けは回し蹴りの防御に用いると教わった。確かに「受け技」として考えればそのほうがまだ使い道がある。

この上げ受け(に見える動作)を稽古する際には腕を上げることもさることながら上げた腕を下げるときにも気を抜かないこと、受け技の稽古ではなく右手を大きく振る動作を繰り返すことで利き腕の突き技を鍛練することを意図している、という解釈はできないだろうか。そうすれば左手の上げ突き(に見える動作)が小さいことも納得がゆく。夫婦手として右手の攻撃を補助し相手の攻撃を防ぐのである。

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、三木で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
592位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
43位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア