FC2ブログ

引き手についての考察

空手(フルコン空手)をはじめたとき「基本の突きは引き手をしっかり引いて!」という指導を受けた。流派によらず、同様の指導を受けた人は多いと思う。

ではなぜ引き手を大きく引くか?・・については具体的な指導は受けなかった。「基本は基本だから大きく突くのだ!だから大きく引くのだ!」というのは回答にならない。

当会では他流の空手を経験した方も多い。しかし、しっかり引き手が引けている方は多くない。多くの人は突き手と引き手のバランスが合っていない。「そんなことはない!」と思う方も多いだろうが理論だった指導を受ければ、これまで自分のやっていた引き手にたいした意味がなかったことを納得するケースがほとんどだ。

具体的な指導を受けずとも最初から十分引き手を引ける人は非常な才能の持ち主と思う。引き手が人間の自然な運動であることを天賦の才で理解し、自分のものとして演武できるのだろう。こういう人は選手寿命も長いはずだ。

散歩するとき、人間は自然に引き手を引いている。常人はそれを後天的に指導を受けて空手の動きに変えてゆくのである。
スポンサーサイト

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

空手でアナタも幸せに!? - 空手の効用(2)

昨今の空手や武道の流派の宣伝文句の中には「空手で自分を見つめなおしましょう!空手であなたの人生をすばらしいものにしましょう!!」といった類のものがある。

多くの場合体験談が続く。

「空手をはじめて商談がスムースにすすむようになりました」
「空手の呼吸で人と接すると人間関係が円滑になりました」

といった類のものだ。そのうち

「空手をはじめたおかげで母の病気が治りました」
とか
「空手のおかげで息子が志望校に受かりました」

といった体験談も出てくるのではないかと楽しみにしている。

さて、空手を続けて幸せになれますか?という質問を私がもしされたら回答は

「空手と幸せの相関関係なんか証明できへんのと違いますか、幸せになるノウハウがほしかったら宗教でもやったほうがいいですよ。まあホンマに幸せになれる宗教がどっかにあるんやったら私も教えてほしいですけど」

と言ったところだろうか。

私の若い頃はこの類の宣伝文句は少なかったと思う。ここへきてポピュラーになってきた理由の一つは空手初心者の高年齢化もあるだろう。以前は10代から20代前半くらいの稽古者が大半だったが昨今は30過ぎて空手をはじめる人も多い。この年代にとって一番の関心事は他人を殴り倒すことよりも職場や家庭の経済問題や人間関係であるのが普通だ。以前から興味のあった空手をすることで一挙に業務能力や人間関係も改善!なかなか魅力的なキャッチフレーズではないか。

私自身空手を長年続けてこれだけは確実に以前よりよくなった、ということがある。体験談風に記せば -

「空手の稽古を長年続けたおかげで空手の技術が向上しました」

空手の技術が向上して何かの役に立つのかどうかはわからない。私はただ空手の技術を向上させたかった。
空手の効用 = 空手の技術向上、それ以上でも以下でもない。

それでいいと思っている。


テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

フォームの癖

野球で同じ時速140KMの球を投げる投手でも打たれやすい投手とそうでない投手がいるという。球は速いけれど打たれやすい投手は投球フォームの癖などで球種やコースを読まれてしまうという。

一般に言う球速は投手の手を離れてから打者や捕手の位置までの速度だろう。野球は門外漢だが、早い段階で球種やコースを読まれては折角のスピードも十分に生かすことができないことは理解できる。つまり実際のスピードはボール手を離れた後だけではなく、投球フォームに入ったときから始まっているともいえる。

生身の体をぶつける戦いではスピードだけでなく破壊力も重要な要素となるため同等に論ずることはできないが、同じフォーム、同じ破壊力でコースの使い分けができれば相手との距離を考えれば相手相当なスピード感を与えるのではないか。

かなりの高齢で球速が遅くなっても通用する投手はいる(限界はあるにせよ)、いわんや武術をや。

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

稽古はじめ

5日は今年の稽古はじめ。東京稽古会主宰のO君も参加。指導者という気負いからか、以前よりも「突こう、投げよう」という意識が表面にあらわれていたので矯正。もともとセンスはいいO君のこと。矯正に時間はかからない。

指導者一人で初心者を一度に教えるのは5、6人程度が限界ではないか。東京稽古会でもO君の指導補佐ができる会員が育てば指導もグッとやりやすくなる。初心者といってもまったくの初心者、他流をかなり経験した者、オタクチックであっても脱力や武術パフォーマンスについては経験のあるものなど内実はさまざま。それぞれ知識、経験を補佐しあえると団体のレベルも上がってくるはず。

6日は今年最初の体験参加者。フルコン空手有段者だがサンチン・ナイハンチの順番だけは知っていたので体験稽古の指示もだしやすい。型の順番を覚えることと型から出る力の違いは体験、理解してもらえたようだ。

術理はまったくわからなかったとのことだが、それも道理。まったく術理の違う武術を1回2回で理解するのは無理だろう。体験参加は「このようなことをやっている」ということを体験してくれればそれでいい。習得したいと思えば継続して参加すればいいし、冷やかしなら今後来る必要もない。当会では熱意があれば術理の理解は比較的短期間で皆できている。


テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また三木市稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア