記事一覧

稽古雑感(5月26日) - 東京稽古会初指導

26日(日曜)午前の稽古は参加予定者は古参会員ばかり。少しハードな稽古プログラムを予定していたが指導助手のSS君は事故で足を負傷、小柄ながらハードパンチャーのE君も体調不良。結果的に通常よりセーブした稽古内容となった。元気者のE君だがこの日はまったく右手に力が入らない。稽古途中でいよいよ嘔吐しそうな雰囲気となったので稽古を中断、足の血行循環促進といくつかのツボマッサージ、少し体調が戻ったところで補助を...

続きを読む

反復練習

当会での稽古は型を行う。そして型の補助運動として検証のための約束組手的な対人稽古を行う。相手に突きを出させ腕受け(内受け)やトラグチ(回し受け)などで受ける動作である。スポーツ的な練習方法を強くインプットされた方はこの稽古方法が理解できないことがあるようだ。腕受けや手刀受け、回し受けなどは自由組手でも本当の実戦においてもまず使わないし、使えない。使えない技をなぜ稽古するんだ、というわけである。一般...

続きを読む

同じ技が弟子にいつまでもかかる、ということ

入会当初、簡単に投げたり、抑え込めたりできた会員諸氏も1-2年すればだんだん技に対して抵抗力が増してくるし、会員によっては自動的に身体が反応して反撃技をかけてくる。会員に技がかからなくなってくる = 自身の力量不足を痛感して複雑な心境である。まあ指導力の高さが実証されているのだとプラス思考にとることとしよう(笑)会員諸氏にとっては自分の身体能力がいつのまにか向上していることを実感できる機会とも思う...

続きを読む

身体創り

5日の稽古は古参会員のSS君と今年入会の会員2名、計3名が出席。稽古時間のうち体操的な身体創り運動に約1時間、サンチンで約45分と休憩時間も含めればここまでで2時間半の稽古の2時間を消化。当会の型は不変だが稽古内容、時間の配分は出席者によってかなり変化する。これは当然のことだろう。初心者も古参も同じ内容の稽古を何年も繰り返してはマンネリ化でモチベーションが低下するのは当然だ。身体創り、というタイト...

続きを読む

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
64位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR