FC2ブログ

交流 - 上地流唐手道



尼崎で稽古されている上地流唐手道巴会様のご好意により交流稽古に参加させたいただいた。

空手に興味ある方ならご存じだろうが上地流は空手の源流である唐手(トウデー)の流れをくむ名流である。系統としては那覇手に属し、貫手、足尖蹴り、コツカケなど独特の技法・鍛錬で知られている。

巴会様は比較的年齢の高い稽古生の方が中心であることもあり「昔ほどのキツイ鍛錬は行っていないのです」とのことだったが小手鍛えをはじめとする鍛錬は学ぶとことが多く、汗で変色した鍛錬具やボロボロになるまで蹴りこまれた砂袋が昔日の稽古の厳しさを思わせた。

私も以前より興味のあった「コツカケ」の鍛錬法を教授いただいたが、同会のS先生に私の肩をみられて「先生(私のこと)はもうコツカケができていますね」と言われたときはどこかで同じ沖縄空手の脈流が共通するのかな、とうれしく思えたものだ。

武縁が広がるのは楽しいものだ。巴会の皆さん、ありがとうございました。

オキナワン・テイストあふれる道場で握り甕を用いた稽古に挑む筆者
スポンサーサイト



投げ技の約束組手ー コツで投げる?




私の教わった道場では投げ技の約束組手を重視した。競技を重視しない流派で投げ技を重視する流派(合気道や少林寺拳法も含め)が少なくないことも理にかなっている。

欠点は「約束組手のための稽古」「投げ技のための投げ技稽古」となることへの懸念だ。ちょっとした「コツ」を知れば初心者相手には驚くほど約束組手が簡単にかかることがある。例えば「膝の抜き」とか「指の形を変える」などである。

間違いではないにせよこの手の身体トリックを重視すると実用から離れた稽古に時間を浪費するようになる。実戦でこの手の身体トリックを使う余裕はないだろうし、少々のトリックで鍛え上げた相手を崩すことも難しいと思う。柔道や総合格闘技などのスパーリングで試してみるといいだろう。巨漢を投げることの難しさがわかるだろう。

当会では投げ技の約束組手はあくまで「崩し」の基礎稽古としてとらえている。

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、三木で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
36位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア