FC2ブログ

「内面」に2義あり

空手の先生はよく「内面ができとらん!」という指導をされた。先生に質問することは非常に難しい雰囲気だったので皆「自分ができていないことはわかるが、どうしたらできるようになるのかわからない」というのが正直なところだった。

さて、私の教室では「ハラの力」を重視する。いわゆる古流(古流空手、中国武術、合気など)は体幹部に威力の源を持つことが多い。腕力、脚力に比べて体幹は格段に強い力を出せるかわりにコントロールが難しい。腕や足などに無駄な力が入っていると体幹の力がスムースに伝達できない。逆に言えば力の源である体幹の力をコントロールできれば大きな力を使うことができる。当会の指導では「ハラの力ができてきた(或いはできていない)」という表現をすることが多い。この意味で内面(=ハラ)の力を創れ!、といった表現を使うことはある。

ただ、冒頭紹介した沖縄空手の先生はより次元の高い意味で「内面」という表現を用いられていたのではないかと察する。先生のレベルでは単なる打撃や手足の操法、脱力やインナーマッスルといった技術を超えた「気」「品格」を中心に説かれていたように思う。空手の動作を通じ、人間としての品格を高めることを「内面」と称せられていたのではないだろうか。だらしなく生きている人間と日々高潔に生きる人間とでは面前に立った雰囲気が異なる。武道家なら山岡鉄舟のように武技を超え、武徳で相手を制することこそ武道の究極とも言える。

もちろん私のレベルではそこまで及ばない。何年稽古してもいまだに空手の術理を模索しているのが実情。もちろん術理やトレーニングを超えた内面の力(人格)は否定できないが、そこに至る前に武道としての内面の力(体幹部の力)をつけることを先決としている。

平櫛田中作 「尾上菊五郎」。昭和の大物芸術家の内面を「ハラ」も「風格」も見事に表現している



スポンサーサイト



棒術の稽古



心道流空手の道場ではしばしば棒術を稽古した。お互いが棒を持ち、片方の相手を投げたり、崩したりという稽古が中心だったが稽古生同士だとよく力のブツカリ合い、押し合いになったものだった。先生の指導は「先に相手にパッと入る。そして相手を浮かせたら技がかかるんじゃ」という説明が中心だったが正直よくわからず、棒術に対しては苦手意識を持っていた。

先日会員より希望があったので型(クーサンクー)の応用の棒術を稽古した。固くて長い棒だとテコの力を効かせることができる。下半身のできていない相手だとテコの力でごまかせるがある程度しっかりした相手だと少々テコを効かせたところで跳ね返されてしまう。そのとき、相手につられてこちらも力を入れず、むしろ徒手体術のときと同様に力を抜いて崩しをかけるとあっさり「虚」の状態にできることがある。投げたり、打ったりはその後の副次的な動作だ。

心道流では「手の延長が武器」と教わった。武器術ではなく武器を通じて空手をする・・・まだまだ稽古要。
プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、三木で沖縄空手を指導しています。東京稽古会も活動中。型で身体を創り、組手に活用します。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
20位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
おすすめ本・DVDなど
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア