記事一覧

約束組手−受け手と投げ技

当会会員より約束組手の投げ技の術理について質問があった。

投げの約束稽古の代表的なパターンとしては

相手の右追いつき→我は左足を前に出しながら左手で腕受け→さらに右足を踏み込みつつ右手を相手の腕、肩などにかけて投げる

というものがあるが、初心者にとって難しいところは

1)左手で受けるときに相手の突き手に「ガツン」とぶつかってしまう
2)前進するときに右手で強引に相手を押してしまう

ことである。

初心のうちの失敗の原因の多くは投げることに気持ちをとらわれるあまり強引になり、相手に技の入りを察知されてしまうことだ。以前にも書いたことがあるが「相手に入る」感覚ができれば投げることができなくとも稽古としての意義はあるのだ。投げ技の稽古を通じて「入る」感覚を養ってもらいたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR