記事一覧

自由組手−足を使う

昨日の稽古では今年はじめて自由組手を行った。今年はじめての参加者もいたので一人あたり一本程度にしたが、皆積極的に連打を出しながら前進する動きが身についてきており、教える側としてはまた嬉しくなってくる。
さて、攻撃はいいのだが防御になるとまだ硬さの残っていたのが全般的に課題といえる。相手のパンチに対し、自分の足を止めたまま手を使って防御しようとする会員がしばしば見られたことが組手の課題と言える。ピョンピョンはねるフットワークを奨励するのではない。自然な歩み足が意外にスピードがあることが理解できれば足を使った柔らかい攻防が可能になり、組手の幅も広がるのだが。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR