記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居付かない

先日の稽古でいわゆる伝統空手出身のS君に自由組手の指導をした。
型や約束組手はかなり柔らかく動けるようになってきたのだが、学生空手特有の強く片手ではじくような受け技を学生時代に毎日稽古していたせいか、自由組手になると相手の突きを「しっかり」受けようとしてしまっている。相手が単発ならこれでもなんとかなるかも知れないが、連打には対処できない。いわゆる居付いた受けになってしまっている。
攻撃の際には連打が大事だと教えている。逆に言えば防御は相手が連打で攻めてくることを前提に稽古を考えなければならないということだ。フットワークでかわせばいい、という考えもあるが多くの場合手が居付いている人は多くの場合足も居付いている。いくら遠い間合いで飛び跳ねてもお互いの拳足が当たる状態のときに手足が居付いてしまっては意味がない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。