記事一覧

触覚としての手

当会会員にも自由組手のときに手を高くあげ、顔面を守る位置にかまえるものが少なくない。それはこれまで学んだ流派の特徴の一つであり、結構なことなのだが多くの場合手が単に「防具」となっている。それらの流派も創始された先生は手は固めるばかりでなく、柔らかく使うこともできることを著書等で強調されているのだが、その孫弟子、ひ孫弟子くらいになると少なからぬ方が腕を単なるブロックとして使っているようだ。
折角自由に動き、しかも繊細な知覚すら持てる「手」という道具を持ち、さらに型を通じてその触覚も威力も鍛えているのだから手の持つ機能を存分に活かした組手を行わせたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
57位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR