記事一覧

クーサンクーの蹴り技

前蹴りは威力のある技だが単調な蹴りではブロックされやすい。クーサンクーの型では至近距離から相手の死角をつき、脇腹の急所に入る蹴り方を教えている。さらに、もし蹴りがきかなかったさいに裏拳で追い込む方法も稽古させている。基本分解では型そのままに寄り足をするが応用では寄り足をしなくとも蹴りと裏拳で上、中、下を連続攻撃することも可能だし、投げ技や関節技にも連絡できる。
当会最高齢のFさんは前蹴りが得意だ。空手歴3年ほど、しかも週一回の稽古でこれほど鋭い蹴りを取得できた人は稀だろう。先週、今週とクーサンクーの分解を詳しく説明したのだが「Fさんには教えないでくださいよ、ただでも強烈な蹴りが型どおりに入ったら・・・」と他の生徒の顔が引きつっていた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
67位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR