記事一覧

稽古と体調

日曜の稽古ではS君が疲れきった表情で参加してきた。なんでも仕事で徹夜してそのまま稽古にきたのだとか。
徹夜仕事など極力避けるべきだがやむをえないこともあろう。そのような状態で参加したS君の心意気やよし。やはりウィルス性腸炎が治ったばかりのO君と組ませ、姿勢のチェックをテーマとした稽古を行った。
健康面からも常に体調はベストとするのが理想だが社会人ともなればそうはいくまい。体調が悪いときには体調が悪いなりの稽古法がある。著しくコンディションが悪いときにパワーアップの稽古は避けるべきだが体調が悪いからこそ自分の姿勢の欠点が良く理解できるということもある。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございました

日曜日は遅刻してしまい申し訳ありません
でした。

悪い時は悪い時なりの方法があるとわかり
ました。

これからもご指導宜しくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR