記事一覧

基本の突き

当会も含め、多くの空手道場では基本稽古としてサンチン立ち、四股立ちから左右の突き技を繰り返す稽古を行っている。基本重視は結構なのだが実際には防御、反撃を行う相手がいることを忘れ、徒に外見上のスピードや威力の増大を基本稽古に求めるとかえって組手においてテレホンパンチの悪癖をつけることになりかねない。
プロ野球のスカウトは投手をチェックするとき球速だけでなくコースや球種を投げ分けるときにフォームが一定であるかどうかをチェックするという。いくらボールが速くともどこに球が来るかを読まれてはハイレベルの勝負では通用しない、ということは野球に疎い私でも想像できる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR