記事一覧

防御

大学時代のフルコン空手の同級生と久しぶりに会い、空手談義となった。

実戦では手を高く構え、顔面ガードすることが大事だという。

では拳や掌でガードした上から相手の強打をもらったらどうなるのか?いわゆるノーガードとの違いは一撃でKOされるのか、二発でKOされるか程度の違いだろう。

顔面防御は大事だ。そして、より確実な防御は相手の射程圏の外にいることだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

F・Nさん、コメントありがとうございます。先日は駆け足の説明でわかりづらい部分もあったと思いますがいささかでも参考となっていれば幸いです。
ご指摘のとおりガードを上げるということは受けにまわる→相手に先手を取られる習慣がつく危険性を持っています。
防御は大事ですが形式にとらわれすぎると受けにまわってしまう習慣を懸命に練習してしまうことになりかねません。ルール、条件が変われば戦い方は変わるのが自然です。

崩すということ

この間、お世話になりました。F・Nです。
大変勉強になりなした。
ガードを上げると受けにまわってしまう欠点があるとおもうのですが。
この間、練習させていただいたとき、崩すということをやっていたのでこれだと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR