記事一覧

投げ技の稽古

本日の稽古では二組にわけて投げ技を稽古させた。
一組はまっすぐたった相手に一気に体重をかけて投げる方法、すなわち先日の記事(「投げ技の基本」)で紹介した技法だ。
もう一組には相手の突きを腕受けすると同時に相手を「虚」の状態にし、体重をかけずに相手を投げる手法を稽古させた。当然こちらのほうが難しい。
投げ技は私の空手の先生も重視していたが投げそのものよりも相手を「虚」にする(「浮いた」状態)にすることに重点を置いていた。虚となった相手なら少ない力で投げることが可能であるし、無理に投げ技を使わなくとも打撃など他の技法を用いて制してもいいのである。もちろん自由に攻撃してくる相手を虚化することは容易ではない、だからこそ長年稽古しても興味はつきない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR