記事一覧

型にはまって自由に動く

皆かなりサンチン、ナイハンチの型がサマになってきた。マンネリを避けるため、今日の稽古では練習用ナイフを用いた身体のこなしとゆっくりとした動きからお互いに関節技をかけあう稽古を取り入れてみた。
ゆっくりとした攻防はロシア武術システマの稽古法をヒントにしたのだが会員同士でやらせると「技をかける」という意識が先に立ってしまう傾向がみられた。不筒の約束組手の投げ技等でも相手を倒すことよりも自然な動きで相手に入ることの重要さを口酸っぱく指導しているがやはりまだ理解できていないようだ。
空手は型を徹底的に稽古させる。これは鋳型にはめこんで決まったパターンしか攻防できなくなるようにするためではない。実戦は型から外れるのが当然だ。その際に如何に自由かつ合理的に動けるかで型を取得する意義が出てくるのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR