記事一覧

ナイフ捕り(徒手体術への応用)

いつもは素手(拳や手刀)で行っている肘関節の極めを今日の稽古では受け(肘関節をとられるほう)にナイフをもたせた状態で行ってみたところ短時間で皆の動きがよくなってきた。肘の極め方自体は柔道でいう腕がらみ、戸隠流忍法体術でいう鬼砕きなどと同様の捕り方であり、特殊なものではない。
(動画は戸隠流「鬼砕き」)





さて、ある程度実戦を想定した稽古だと腕を極めるだけでは意味がない。腕を極めるためにこちらは二本の手を両方使わねばならないが相手の腕は一本しか極められないことに留意されたい。相手の腕だけでなく胴体まで制することが必要である。
いつもこのことは稽古で強調しているが、相手の肘を極める(痛める)ことに意識をとられてしまい肝心の体を制することまで気が向かないものが少なくない。
相手の右腕だけを極めてもナイフを左手に持ち替えられるだけで簡単に反撃される。胴体まで制することができればそのリスクが大幅に軽減される。「持ち替えたナイフで反撃される」という意識があるだけで動きが変わるのだ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

そうたろうさん、ようこそ。ブログ更新いつも楽しみにしています。
私も偉そうに書いていますが自由練習でスピードやパワーのある相手にはつい目の前の拳足に気がいってしまい、後で反省することしきりです。難しいです。だからこそ奥深く、稽古する気になる。機会あれば交流いたしましょう。

Unknown

こんにちは。はじめてコメントさせていただきます。
そうたろうと申します。

ナイフ捕りでは、腕だけではなく、胴体も制するとのお話、とても参考になりました。

合気道でも短刀捕りはよく稽古するんですが、
ついナイフを持っている手ばかり気になってしまいます。

今後は胴体を制し、中心を制することに意識をもっていくようにしたいです。

またお邪魔させてください。
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR