記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月9日

今日は公共の体育館の柔道場での稽古だ。SN君はまだ4回目の稽古だがなまじスポーツ格闘技をかじっていないだけに姿勢からくる力の向上が驚くほど早い。もちろんまだ力が入っているところや不安定なところはあるが来るたびにどんどん上達してゆく。
畳の間での稽古ということでいつもより投げ技、固め技の度合いを増やしてみる。投げ技はそれを組手に用いるというより型でできた姿勢のチェックとしての練習だ。力で投げる投げ技は投げたあと簡単に姿勢がくずれてしまう。投げ技から寝技へのコンビネーションを稽古するのもいいが、当会では寝技に入るスピードそのものよりも「無理なく寝技に入れる」ことを重視している。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。