記事一覧

型の分解組手

私が所属していた沖縄空手の道場はある時期から型の分解が稽古の中心になった。突然会員が増えたので団体指導用にパターン化せざるをえなかった、というほうが正確かも知れない(現在はどのように指導されているのかはわからない)。

二人で行う分解組手、約束組手中心の稽古を「生きた稽古」とするためには「少なくとも二人のうち一人は型の術理を理解していること」という条件が必要になる。

術理を理解していないものどうしで分解組手を繰り返すとやればやるほど動きがイージーになり、ただ教科書に書いてあることを繰り返したり、中途半端に現代スポーツの動きを取り入れたりするケースが多い。かといって一応伝統型の動きには近いことは近い、結果的に古流の観点からも現代格闘技の観点からも奇妙な動作を繰り返すことになってしまう。

実際の動きが型どおりになることはありえない。しかし型の術理を反映させた動きにはせねばならない。その過程としての約束稽古、分解組手である。

私の教室では今のところ動きの中での型分解よりも型そのものの検証を中心にしている。型ができつつある会員から少しづつ動きをつけた約束組手を行っている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1068位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
68位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR