記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイハンチ−腰をしゃくらない

大学時代のフルコン空手では「基本の正拳突きは腰をしっかりまわしてインパクトの力を引き出すように!」と教えられた。
沖縄空手に転向してからまず教わったのが腰をしゃくってはいけない(不要な回転をしてはいけない)ということだった。しゃくる動きは技の方向がはっきり出てしまうため、単調で隙のある動き(特に組み技等のある場合)になりやすい。いわばスピードだけの”セワシナイ”型になるのである。それまで一生懸命腰をまわす練習をしていた私は技の改造に難儀したことを覚えている。
基本型として教わったナイハンチは知花朝信先生の系統である。私は知花先生を直接には知らないが今は映像が簡単に手に入る。便利な時代になったものだ(音楽はなんとかしてほしいが)。知花先生の腰は落ち着いたままである。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
77位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。