記事一覧

拳が締まる、ということ

以前見学に来たフルコン空手練習生が
「週3−4回道場に通っています。かなりパンチの威力、スピードは増しているのですがなぜか帯が上になると手足の突き指等細かい怪我が増えるのです」
との悩みを話してくれた。自分も学生時代に同様の経験がある。

ある意味当然のことで、大学のフルコン空手のクラブでは屋外やせいぜい体育館での稽古がほとんど。巻き藁もサンドバックもなく、拳を鍛えるのは拳立て伏せやたまにキック用のミットを殴るくらい(当時ミットを用いた稽古自体が珍しかった)。キャリアをつめばそれなりにスピードはつくので柔らかいままの拳を相手にぶつければ指を痛めるのも無理のないところである。

沖縄空手をはじめてからでも拳を鍛えようと柔らかい木や自作巻き藁を我流で突いていた時期がある。それでも私の場合拳はそれほど強くはならなかった。
現在は拳をモノに叩きつけるような稽古は行っていない。サンチンの型で呼吸とあわせて拳を握る習慣がつくことにより、拳自体は巻き藁をついたときよりもしっかり締まるようになっている。

もちろん今でも手を傷めることは皆無ではないが常に拳を痛める不安を持ちながら組手稽古をするような状況ではない。会員諸氏の多く(ほとんどは格闘技経験者)も入会時スカスカの手だがサンチンを繰り返すことで1−2年で拳が締まるようになっている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

残念ながら拳の締めに関しては詳しくは指導されませんでした。なので拳の締めについてはとても興味があります。
先生からは強引に攻めるのではなく攻撃を上下に散らしたり、フェイントを使い相手が防御しずらい組手をするようにと技術的な指導はされました。
私が拳やスネを痛める時は強引に攻めてガードの上からでも構わず叩くからです。たしかに締めが十分でないのに全力で叩いたら怪我しますよね(苦笑)

Unknown

しまさん、コメントありがとうございます。
砂袋で鍛え上げる鍛錬は向き、不向きもありますが若いころなら効果は大きいでしょう。実際にそのやり方で鉄拳を創られた方も知っています。

固いものをたたく稽古をする場合、よく言われることですがスピードをつける稽古を怠らないこと、正しい指導を受けまんべんなく拳が締まる習慣をつけることが重要かと思います。

フルコンでよく拳を怪我する人の握り方を見ると締めが部分的で特定の指や手首の一部がゆるんでいるケースが多いように感じます。一度拳の締め方を先生に確認されては如何でしょうか。

Unknown

今回の記事に書いてあるフルコン練習生と同じで私も拳やスネの怪我が増え、特にサポータなしでの組手の時は怪我をしやすいです。
先生に相談したところ固い砂袋や鉄パイプをひたすら蹴り、怪我を繰り返しながら鍛えたそうです。私にはそこまでできないので全力での組手を控えるくらいしか思いつかないですね(苦笑)

Unknown

コメントありがとうございます。古流修行者です。
拳の怪我をされたことがないとのこと、やはり十分な鍛錬をされてきたのでしょう、フルコンでも締まっている人はしっかり締まっていました。
本文にも記しましたが、私はフルコン時代、しょっちゅう指や手首を怪我していました。ロクに拳を鍛えないままやみくもに振り回していたのだから今思えば当然ですね。

コメントありがとうございました。またご意見お願いします。

Unknown

こんにちは。そうたろうです。

拳の締めについて、とても参考になりました。
僕自身、部位鍛錬について、質問がきたので、ブログで考えをまとめてみました。

きちんとした指導者の元でしっかりとサンチンの型を練れば、拳はしっかりと締まるようになるのですね。

僕自身、拳のケガは数えるほどしかありません。拳が上手に締まっているからではなく、蹴り主体のファイターだったからだと思いますが(笑)。

とても参考になりました。ありがとうございます。

Unknown

再度のコメントありがとうございます。
試合を目的として本格的にグローブ、防具等の格闘技を目指すのであればそれらの競技(ムエタイなど)の優れた指導者のもとでコーチを受けるのがベストであると思います。

私が自由組手を指導いただいた先生は「柔道でもフルコン空手でも若い時期やったらスポーツと割り切って徹底的にパワーとスピードを鍛えたほうが結局ノールールでも自信がつくケースが多い」と言っておられました。

グローブのように最低限の安全性を確保することでボクシングはパンチの技術を最高に高めています。若い時期に身体でこれらの現実のスピード、パワーを知ることはいい経験になると思いますが、日常的に古流で、しかも高齢になって行うのは無理があるのではないでしょうか。

Unknown

返信、ありがとうございました。
何から書いていいのか?
よくわからないまま書いたので失礼しました。
ここの道場は中国武術の道場で(太極拳などが主で)す。
京都では少数の道場(空手の道場も入っているそうです)が集まり、年に一度試合が行われるそうです。(武術の道場が主催になります)
この日は防具のスパーに参加さててもらったのです。
防具をつけていることもあり、素手との間合いが変わり、ついパンチ、蹴りを「受けて」しまうこともありました。
大きなグローブの故、自由な手の使い方ができず。
ストレスでしたが、練習では「受けと取り」に別れて蹴りだけ、パンチだけという具合に練習します。最後には自由なスパになるのですが、
ここまでやりますと、クタクタで思うように動けません。
試合のための練習であり、古流としてやるのは厳しいのではないでしょうか。


Unknown

コメントありがとうございます。グローブ組手をされたのですか?年齢から考えて相当きつかったのではないかと察しますが大丈夫ですか?
本文でも述べましたが拳を十分締めないまま拳骨を思い切り叩きつければどうしても怪我は避けられないと思います。試合ではある程度やむを得ない部分もあるでしょうが、普段の組手では相手を痛めることよりも力をセーブし、間を制するような組手を心がけることである程度怪我を避けることができるのではないでしょうか(もちろん完璧ではありませんが)。
私はグローブ組手は数えるほどしか経験がありませんので技術面でコメントできる立場にありません。数少ない稽古で感じたことは
1)グローブ組手の技術をそのまま素手の空手に移植するのは無理がある(フルコン時代から感じていたことですが)
2)若い時期にグローブ組手を経験し、顔面を打ち合う(ポイント制ではなく連打で)経験は素手の組手においてもプラスになる
といったところでしょうか。

Unknown

いつも楽しく読ませていただいています。
先日、京都の武術道場でヘッドギァ、14オンスのボクシンググローブ、レッグサポータでスパーリングを体験させていただきました。
顔面あり投げありの道場なんですが。
久しぶりということもあり左足にローキックを3,4発もらい現在も正座ができません(膝関節は痛めていません)
左腿の外側にダメージを負い。足を引きずって歩いていました。
足サポをつけた状態でもこれですので、素足だともっときついですね。
ヘッドギァの上からでもパンチをもらうとかなりきついので、ローキックをもらうような感じでもあります。(パンチのほうに注意がいくので蹴りをもらいやすくなります)
女性の方も居られたのでスパーをお願いすると快く受けていただいたのですが、
結構、ガンガン来られてフックの右左をもらい、効きました。
女性は10オンスぐらいだと思いますが。
しっかり握って振ってきますので、威力があったように思われます。
素手とグローブでは条件が違い。
フルコンとの比較は難しいと思います。
ただ、グローブだと気兼ねなく振れるのはらくだと思います。
ネットで空手愛好者のプログなど拝見しますと。
試合後、手首、拳などを怪我したと書いていました。
試合中は無我夢中でやっているので気がつかないのですが、終わったとたん腕などの異常に気がつくようです。
怪我を気にしては突きや蹴りはできませんが、
そのため稽古ができない期間が長くなるということもあり。
リスクを背負う羽目になるのは上達の妨げになるということで頭を悩ませる問題です。
勝手なことを色々書きすみません。
先生のご意見など聞けましたらうれしいです。
失礼します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR