記事一覧

約束組手の弊害

今日の稽古で新入会員のU君に基本の約束組手(腕受けからの投げ技)を稽古させたところ受け技を出す際に顔を前に突き出す癖が見えた。言うまでもないが顔面強打をくらいやすい危険な体勢だ。

基本の約束組手は型、すなわち空手らしい姿勢が身についているかを検証するものであり、受けた、突いたはそれほど重要ではない。そもそも接近戦で、しかも連打のある場合、腕受け(内受け)や下段払いなどまず使えないし、かえって危険だ。基本約束組手は自由組手のシミュレーションではない。

相手は最初から反撃されるつもりで突いてくる、突いてくるコースも決まってくる。こちらは隙があっても反撃されることはない。指導者がパターン化された約束組手ばかり、それも欠点を矯正せずただ数ばかりこなす指導を続けると練習するほど悪癖をつけることになりかねない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR