記事一覧

2006年12月17日

尼崎での稽古、参加は体験参加のY君を含め5名。比較的会歴の浅い生徒が多かったので柔法を中心に基礎的な身体を練る稽古を主に行った。SN君はまったくの素人なのだが数回の参加で技の伸びがすばらしい。型の順番すらまだ教えていないナイハンチの分解組手が少し腰を補助するだけで上手に決まる。妙に体重を乗せたり、身体を回転させたりしないため教えた技がそのまま再現できるのだ。
自由組手は最年長F氏が相変わらず元気だ。前回アゴに掌打が入ってダウンしたので組手恐怖症を少々心配していたが懸念だったようだ。鋭い蹴り技に加え戦うときの姿勢もよくなっており、強打をくらってかえってガードが固くなり、いい方向にすすんだようだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR