記事一覧

関節蹴り

型「パッサイ」や「セイサン」には足刀で相手の膝関節を蹴る技が出てくる。極真会館などでは「関節蹴り」と呼ばれるもので基本稽古の一環に取り入れている道場もある。
きまれば威力の大きい技(多くの流派では試合で使うことを禁じている)なのだが実際に使うのは難しい技でもある。自由に動く相手の膝をとらえるのは容易ではないし、腕や服をトラップして固定できたとしても相手が鍛えている場合簡単に相手の姿勢は崩れるものではないのだ。

この技の威力を増すために「蹴り足に思い切り体重を乗せる」という方法がある。
これも間違いではないのだが相手が十分崩れていない段階で体重をかけるとかえって自分の身体が浮いてしまい、効果がなかったり、逆に蹴り足をすくわれたりして蹴ったほうが危うい体勢となる。

膝は軽くねじれただけでも痛めてしまうものだ。大きく効かせるより蹴りをぶらさず、確実に足刀が相手の膝を捉えること、そしてその状態をキープすることが肝要である。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
70位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR