記事一覧

指導と礼節

嫌なものを見てしまった。

公共の体育館である流派(胸には某大手流派のマーク、偽団体であることを祈る)の若者が少年部を指導している。指導者は途中で疲れたのか寝そべったまま顔だけを横に向け「オラ、ラスト30秒!」などと叫び、パンチや蹴りを繰り返すよう指示している。その流派の創始者は礼儀に厳しいことで知られた先生(故人)だ。

さらにおかしいのは引率のお母さんとおぼしきおばさん達がその様子を不思議とも思わず、稽古後なんともない様子で子供を連れ帰ったこと。いつもこんな感じなのだろうか、彼女たちは学校で体育の先生が寝転がったまま生徒を指導してもクレームはつけないのだろうか?

子供は真っ白、ということはよいものも悪いものも同じように吸収する。彼らのうち何人かはやがて指導者になり、同じようにだらしない態度で次の世代の子供達を指導するのだろうか。だらしない人間が他人の殴り方のみ伝えてゆく、普通人なら見たくない光景である。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

行者さん、コメントありがとうございます。

私自身、名人でも人格者でもないので説教じみた記事は避けていたのですが先日の光景は同じ空手人として情けない気持ちが強く、投稿した次第です。

公共の設備で稽古することが多いため、他の稽古を拝見することもあるのですが人前でだらしない態度を見せて平気な空手人、柔道人が増えているのは残念なことです。
剣道をされる方はマナーもしっかりしているので一概に時代のせいにはできません。私の先生も礼儀には厳しい方でした。いい部分は受け付いていきたいと考えています。

Unknown

真摯に稽古されている方々にとって某団体の態度は全く頂けませんね。これでは日本が益々駄目になってしまいますから、古流の空手を少人数の心ある方々に伝授し続けて下さい。出来る範囲での草の根的な活動がやがて大きな輪となることを期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR