記事一覧

両手を使う

本日の自由組手でまたW君の動きがよくなっていた。右、左両方の腕の自由度がかなり高まっていたのだ。簡単に言えば両腕を使って攻撃できるようになっていた、ということである。

当たり前じゃないか、と思われるかも知れない。しかしW君、これまでは平行して通っている流派の癖で左手で相手の攻撃を流し、右手や蹴りで反撃しようとしていた。つまりかなり攻防のパターンが読みやすかったのである。

もちろん組手の流れで左の受け技を使うことはかまわないのだが最初からそういうパターンを狙って組手をするとせっかく二本ある腕という武器の一つを最初から捨ててしまうことになる。

特定のテクニックにこだわった練習しかしていないと特定の弱点が出てくるものなのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR