記事一覧

稽古はじめ

今日は本年の稽古はじめ。寒い中、広い道場での稽古だったので身体を温めるため投げ技の稽古を多くおこなった。

何度も書いているが稽古の投げ技では相手を投げ倒すことにそれほど意味はない。道着を着た相手を大きく投げ飛ばすのであれば柔道のほうがよほど体育として合理的にできている。

約束稽古の投げ技では足でふんばらず、ハラで技をかける感覚、接近する際にドタドタした体勢の乱れがないかのチェックなどをしっかりすること。さらには相手を「虚」にできる感覚さえつかめてくれば例え相手が倒れなくとも良い稽古ができている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR