記事一覧

サンチンの「キツさ」

入会後約1年半が経過した会員がこのところぐんぐん進歩している。

今日の稽古ではW君にサンチンの肘の絞りを改めて指導した。パートナーが補助をつけてサンチンを行うのである。肘の絞りを重点的に稽古した。

パートナーはごまかしのない肘の絞りができるよう、横からしっかり支えるだけである。それだけのことがまだ絞りができていない稽古生には実にキツい稽古となる。鉄アレイを持たせたり、型の間中殴りつけたりするキツさとは違ったキツさであるが、身体を歪めるようなことはなく、むしろ自然に矯正されてゆく。

サンチンの型だけでも工夫しだいでは相当に負荷抵抗の高い運動となるのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

そうたろうさん、いつもコメントいただきありがとうございます。
サンチン立ちでバシバシ身体をたたく・・・私も大学でやりました。確かに効果のほどは謎です(笑)
空手と健康(身体のゆがみ)に関しての意見はあくまで私見ですがご参考になれば幸いです。またよろしくお願いします。

三戦の型

こんにちは。そうたろうです。

剛柔流の稽古などをみると、三戦の型をやっている時に、肩や脇を拳や掌で叩いたり、足を蹴ったりしてますよね。

僕の道場では、三戦の型をやっている間、みぞおちを叩かれたり、竹刀でぶったたかれましたが、あれは意味があったのか謎です(笑)。

脇を抑えることで、効果的な型の練習ができるのですね。

古流の空手は奥が深いと感心いたしました。

またお邪魔させてください。

ありがとうございました。

追伸:「空手をやると体がゆがむのか?」という疑問に明確な言葉で回答をいただきありがとうございました。とても参考になりました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR