記事一覧

イメージトレーニングは一点もの

今日の稽古でM君の連続突きが拙かったので「コースはそのままにして、気持ちの中でだけ拳を上から下に打ちおろすようなイメージを持て」と指導した。

その次にO君の型をチェック、O君より質問「それではこの型の連続突きの部分は上から下に打ちおろすようなイメージでいいんですね」。

「さっきの指導はM君に対するものであってO君にはまた違った指導になる。正しい姿勢や手の位置は本にも書いてある、みな同じだ。しかし同じことをしているつもりでも身体の癖が一人一人違っているのでそれを矯正するためのイメージは一人一人同じではない」と答えておいた。

一つの例だが、初心者に突きを教えてもやたら拳を伸ばして打とうとする会員、肩を出しすぎないことを意識するあまり近場でちぢこまっている会員など、指導は私が行うので皆に同じ言葉を投げかける。 しかし結果は一人ひとり異なってくる。会員ごとに無意識に異なった動作になっているケースがほとんどだ。

指導者が見本を示して「このとおりにやれ」というのも一つの指導である。習うほうもほとんどが自分のイメージの中では先生が示したとおりにやっている。しかし、生徒は自分が正確に指導者の動きを再現しているつもりでも無意識に自身の癖を出していることがほとんどである。

一人一人癖が違うのだから矯正のためのイメージトレーニングも一人一人異なってくる。初心者が書物やビデオだけでイメージトレーニングを行うのは無理だろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
57位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR