記事一覧

内受け下段払い − What is 基本?

空手の基本稽古の一つに「内受け下段払い」がある。





相手が両手(あるいは片手と片足)を同時に使って攻撃してきた場合、両手を使って同時に受けるというものだ。

言葉にするのは簡単だが実際に使うのは難しい、というよりこのまま組手で使った人を見たことがない。大学のクラブでも「実際には使えない技だ」と先輩から聞かされていた。しかしながら皆「使えない」と言いながら毎日の基本稽古ではこの技の練習は行っていた。

あるときの演武会。我々が基本を繰り返し、前に立ったOBが技の説明を行う。この技については「相手の双手突きを二本同時に受ける技です、実際には使いません」と解説した。

すると、観衆の一人(西洋人の留学生)から「使えないものをなぜ練習するのだ」との質問。答えるOBの顔には「このガイジンめ、つまらん質問しやがって」と書かれていた。今ならKYといったところか。

冷静に考えればこの留学生氏の疑問は至極マトモである。本当に無駄なものなら極力排除する必要があるし、自分の知らない奥深いものがある、と思うのなら一度掘り下げて考えるのが探究心である。その後師事した沖縄空手ではこの動きが片手を遊ばせない習慣をつける重要な動きであることを教わった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
44位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR